送料無料!重い書籍はKindle版で!

海外在住者にとって書籍の扱いに悩んでいらっしゃるかた多いのではないでしょうか?

 

書籍はなかなか捨てる事もできず溜まる一方。海外の広いリビングなら置き場所も困りませんが、いざ帰国となった時に持って帰ったはよいが、置き場所がない!なんてこと良く耳にします。

 

英語の本は日本でも思い出になるので絶対に処分したくないアイテムですよね。そんな方に朗報です。最近本屋さんをあまり見かけなくなりましたが、いまやアメリカでは、本もすべてオンライン化しています。

ア マゾンは有名な本屋さんの一つですが、本のタイトルを検索すると Kindle Edition という項目が表示されます。これはオンラインバージョンの本です。この Kindle Edition を購入すると、データとしてiPad, iPhone, アンドロイド機器, Kindleなどご自身がお持ちのディバイスに本をダウンロードする事ができます。

このような方法で方を購入すると捨てる、置き場所がない!というような従来の本のトラブルが大きく解消されてきます。

 

最近のオンライン書籍は、かなり進化しています。本にメモが書き込めたり、しおりをつけたり、従来の書籍では体験出来ない新しい利用方法があります。

 

最近ではアメリカの大学ではテキストもオンライン化しており、従来の様にたくさんの書籍を持ちながら大学に行くなどという光景が今後変わってくる事でしょう。

 

お子様の教育も従来の形から、新しい形へ進歩しております。どんどん新しいテクノロジーに挑戦してゆく必要がありそうですね。

 

 

今日のお勧めアプリ: Kindle Amazon for iPad

このようにiPadの中に本を保存できますので、何冊でも一度に持ち歩ける!ということになります。永久に保存ができますので、お勧めです。また英単語の意 味が分からない時も単語にハイライトをすれば意味を検索してくれます。辞書片手に読むという作業も大幅に軽減されます。

 

お子様の英語教育に最適です。

 

 

iPadは皆さんの想像以上の事をしてくれます。WatchJTV+ iPad でiPadに日本のテレビ機能を追加する事ができます。詳しくは、WatchJTVホームページをご参照ください。

 

 

http://www.WatchJTV.com

 

 

 

 

| トラックバック (0)

テレパソ経由で日本の両親のPC修復!

先日から、日本でウィルスに感染したコンピュータから情報を発しウィルス探知ができず誤認逮捕という騒ぎが日本で大きなニュースとなっております。

お客様の中でもご自身はもとより、ご両親のコンピュータ不安ではありませんか?

 

テレパソは、日本のご自宅に設置をしてテレビをみる以外にも、様々な使い道があることご存知でしょうか?実は日本の方にも恩恵がございます。

 

 

例えば、ご両親のご自宅に設置されているA様ですが、先日お母様のコンピュータの調子が悪いということで日本でPC業者を頼めば数万円する作業を、テレパソを経由し、VNCソフトで簡単にお母様のコンピュータを遠隔から修復されたそうです。

 

 

テレパソは、日本のご自宅に設置します。その日本にあるコンピュータは、VPNという接続でローカルネットワークを構築できます。難しくなりますが、簡単に言えばテレパソがある場所のネットワークと海外のネットワークを1つにする事ができる。というわけです。

 

このことでまるで日本にいるかのようにご両親のコンピュータからウィルスの駆除をしたり、トラブルを解消したりということが安全に行えます。一般のソフトとは違いVPNという企業並みのセキュリティーでのアクセスですので、遠隔操作も安全に行えます。

 

ちょっと困った!というときに海外からでもご両親を助ける事ができるのはうれしいですよね。テレパソは、海外からご利用いただく機器ですので、日本で設置されている方の事も考慮し、VNCソフトでの遠隔操作も簡単にご利用いただけるようになっております。

 

難しい接続はテレパソに任せて、快適なIT生活をお過ごしいただけます。

難しい?と思ったら、いつでもご相談ください。プリ診断でお受けしております。

http://www.watchjtv.com/purishindan-fomu

 

http://www.WatchJTV.com

| トラックバック (0)

日本語補習校 VS 日本のテレビ

先日お客様からアメリカでの生活が長く日本語の発音がだんだんとおかしくなってきているというお友達が続出している中、テレパソで毎日ポケモンやドラえもんをみている自分の子供は日本語がなまることなく確実に維持できているということでテレビ導入は教育面でもよかったということでご連絡いただきました。

アメリカでの生活が長くなりますと今度は日本語が問題になってくるのはよくあることです。"あなたのお靴に足をおいて” = 靴をはいてください。(あなたに靴を履いてほしいことを言いたい)これは私自身が実際に聞いた日本語です。わずか6歳の子がこのような日本語を話すようになってしまうのです。

なにか流れが悪いというかはっきり言えば正しくない日本語ですが、日本語に違いはないので日本語は話せているという錯覚状態になります。日本語補習校に行っているのに訛った日本語になる。これはある意味し方がありません。なぜなら日本語補習校で習う日本語はしょせん学問の語学だからです。

私たちが一生懸命英語学校に通ってもナチュラルな英語が話せるようにならないのと全く同様の原理です。

子供の日本語教育は、机に座ってするものより大好きなアニメをみることの方がよっぽど効果です。テレビはナチュラルな日本語で子供は様々な語彙力をテレビから学ぶことができます。

あわせて、ちびまる子ちゃんやサザエさん、ドラえもんなどの漫画では学校の風景や下駄箱で靴を履き替えるなど何気ないカルチャーも身につけることができるから驚きです。

以前テレパソユーザーで日本にご帰国になった方のお子さんが日本に突然帰国しても下駄箱で靴を履き替えることに何も抵抗がなくすんなりと日本の学校生活に戻ることができたのは、海外で日本のテレビをみていたおかげだとおもう。というメールを頂きました。確かに何気ない習慣など子供は様々なところから吸収するものです。

たかがテレビ、されどテレビですね。

http://www.WatchJTV.com

| トラックバック (0)

お子様の日本語維持:アメリカご滞在だったご家族の記録

Images

ドラえもん、サザエさん、ちびまる子ちゃんといった子供の大好きなアニメですが、実はこれ、海外に暮らすお子さんには非常に貴重な番組なのです。

先日頂いたお手紙の中で、アメリカに4年前に渡米された I さんご一家。ご夫婦とお子さん2人(10歳、6歳)の4人家族です。日本の学校を低学年時にアメリカに移動されたためご両親は英語の環境でうまくやって行けるか大変ご心配だったそうです。

はじめ3ヶ月間はお子さんは急に英語の環境にはいられて急激に無口になってしまったとのこと。多大なストレスを予感した奥様がWatchJTVのテレパソをご導入され、アメリカからいつもの番組をみせたそうです。

いつもみていたドラえもん、サザエさん、ちびまる子ちゃん他、アニメが子供に与えた影響は大きかったようでその後たくさんの笑顔が現れるようになったそうです。

そればかりではなく、ご自身もいつもみていたお笑いやドラマを家族囲んで日本のときと同じように視聴できたことで昼間の英語というストレスからずいぶん解放されたとのことでした。

さらに驚くべきことは、お子さん2人が日本に戻られたときにテレビのおかげで情報という面ですんなりとクラスにとけ込めたということだそうです。アメリカで4年ほど暮らしてしまいますとどうしても習慣、文化も忘れがちになってしまうものですが、何気なくみていたテレビから七夕の行事や鯉のぼり、お正月行事の鏡餅や門松など実際に日本にいなくてもアニメから学ぶことができたようです。

日本でテレビばかりみている子供は " テレビばかりみて!" と言われがちなのですが、海外で日本のテレビを見る場合は、よいお勉強ツールとなるようです。

お子様の日本語発音大丈夫ですか?ナチュラルな日本語はテレビで学ぶことができます。是非ご活用ください。

http://www.WatchJTV.com

| トラックバック (0)

テレパソ活用法④ お子様の日本語維持に

29565e6d180e4348b0c342a3d080047a

日本語を忘れない為に。。。お子様への教育に対して努力されている方は多いと思います。

アメリカに住んでいる日本の子供達の日本語は "ルー大柴" (古い?)のような日本語英語がごちゃ混ぜの状態な子供が多いものです。

" 今日、本をピックアップしたときにホームワーク一緒にやったの。" (訳:本をとりにいったときに一緒に宿題をしたの。)

とか、

" あなたのお顔汚いよ。" (訳:顔に何かついているよ。)

とか、さらに英語が強くなると

" You did it でしょ。" (訳:君がやったんでしょ。)

といったように日本語に訳が必要な状態になってきてしまいます。日本語は "話せる" というカテゴリーに入るのかもしれませんが、地方の訛りでも躊躇するような日本の厳しい言語基準で上記のようなアメリカンおかしな日本語は日本人だけど日本人に入れないという中途半端なカテゴリーに入ってしまいがちです。

子供がこのように話すのはバイリンガルの副産物ですので仕方がありません。

そんな中、去年一人の少女がアメリカから日本に移転してきました。ご主人はアメリカ人、奥様は日本人(アメリカ在住20年)というご夫婦。2人のお子様がいらっしゃいます。どちらもアメリカで出産され日本語補習校にはかよわれておりませんで、生まれたときからアメリカの環境、アメリカの学校でした。

彼らの子供が日本の小学校で何の戸惑いもなく初日から通う事ができたのです。

ミラクルが起きたのでしょうか?まず最初に驚くのが昇降口での上履きの履き替え。アメリカは土足ですからまずこの時点でびっくりです。

給食の時間。アメリカでは給食は給食の人が配膳してくれます。日本では自分たちで行うのです。

さらには掃除。ぞうきんからほうきから自分で扱う。アメリカでは経験し得ない事です。

現在形、過去形、丁寧語、尊敬語ほか正確に話すのが難しい日本語に加えて、カルチャーの違いも大きい中何の戸惑いもなく日本の学校にとけ込む事ができたその訳とは。。。。

サザエさんやちびまる子ちゃんなどを海外から視聴していたこと。

だそうです。日本で見ていればなんでもないアニメでも、海外から視聴すれば大きな教材になるということなのです。

たしかにこれらのアニメは下駄箱で靴をはきかえたり、鞄に荷物をしまったり、毎日の習慣をしっかりと表現しています。さらに毎回日本と同じタイミングで視聴することで、豆まき、ひな祭りなどといったその時期のイベントなども学習する事ができるというわけです。

海外から視聴するテレビはもやは娯楽だけとは言えません。お子様の語学維持にお役立てください。

海外から日本のテレビ視聴
WatchJTV.com

| トラックバック (0)

お子様の日本語の維持大丈夫ですか?

海外赴任が決まり、今後5年程度の長期滞在予定となりました。4歳児がいるのですが、日本語が維持できるか心配です。


■ 日本語の維持が手遅れになる前に

海外で生活をはじめる前は現地の言葉に適応できるか心配する親御さんがほとんどですが、その裏で忘れてはいけないのは母国語の基礎です。

ここアメリカでも英語習得が先行し日本語維持が手遅れになってしまったという話はよく耳にします。

子供というのは想像以上に柔軟なもので全く英語がわからない子供でも3年も滞在すればある程度理解出来るレベルにまで達しますがその裏で日本語がおかしくなってくるという現象が出てきてしまいます。

"ルー大柴現象" とでも言いましょうか。駐在されているお母さん達の間の会話でさえ様々なカタカナ英語が混在し日本語がナチュラルでなくなってきてしまうのです。

 

■ 流暢な日本語を学ぶ

スタンフォード大学のコンピュータサイエンス学部の学生さん(アメリカ人)が非常にナチュラルな日本語を話せるようになったと絶賛だった学習法は、テキストでもテープ学習でもない "アニメをみる" という方法でした。

毎日楽しみながらテレビをみることで現地の人が話しているナチュラルな言い回しを身につけることができるというわけです。まさに一石二鳥の教材です。

特にお子様の場合はまず "楽しみながら" ということが第一の目標になると思います。日本でテレビばかりみていると "テレビばかりみて勉強しなさい!" といわれるところですが、海外で日本のテレビを見ると見事学習ツールになるのです。

http://www.WatchJTV.com

■ サザエさんのカツオやワカメが日本の習慣を教えてくれる!

あるお客様のお子様が "サザエさん" や "ちびまる子ちゃん" が大好きで毎週楽しみに視聴されていたそうです。数年後日本に帰られて小学生に戻られたのですが、アメリカではない "下駄箱" や "掃除" などの習慣なども全く戸惑わなかったということで大変驚かれておりました。

多くのお子様海外生活が長引きますと靴を履き替えるといったちょっとした行動や防災ずきんとは何だ?というような日本独特の生活習慣のようなものから遠ざかってしまいます。しかし、これらの何気ないトピックはテレビが知覚と視覚でバランスよく教えてくれるのです。

テレビはもはや楽しみだけではなく、子供の日本語維持ツールとして重要な役割を果たしてくれるメディアなのです。

WatchJTVでは海外で生活する子供達の日本語維持をサポートいたします。

http://www.WatchJTV.com


| トラックバック (0)