« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

海外で日本の地上波、BS、CS、Hulu まで見れる!

 

海外で日本の地上波、BS、CS、さらにHulu(日本版)まで視聴できるようにするシステムがあります。

 

テレパソとは

 

テレパソです。これなんだと思いますか?この機器とても小さいのに優れもので、日本のご自宅に設置するだけで、自宅の地デジチューナーボックスから取り込んだテレビシグナルを海外に転送出来るシステムなのです。

 

海外でテレビをみていると"なんで?なんでみれるの?"とよく聞かれますが、答えはこれです。日本の自宅にこの機器を設置する事で海外で日本の地上波、BS、CS、さらにHulu(日本版)まで視聴できるようになるのです。

 

通常アンテナ線から電波を取り込みテレビに繋げてテレビをみますが、これらのシグナルは外部には送れません。

 

tv-ipad

 

しかし、テレビやHDDレコーダーのかわりにテレパソを設置すると、このテレパソはアンテナ線からのシグナルをインターネットで転送出来る形式に変換してくれるのです。

 

telepaso-ipad

 

つまり、一旦インターネットと通信出来る様になったアンテナシグナルは、インターネット機器(コンピュータ、iPad, iPhone, スマートディバイス)すべてでテレビやHDDレコーダーで操作するのと全く同様の操作がインターネット上で出来るようになるのです。

 

それを可能にしているのが、

 

テレパソです。テレパソとは

 

難しいことはテレパソが行いますので割愛しますが、日本で行わなければならない事は、地デジチューナーボックス(付属)をアンテナ端子につなぐ事。テレパソをインターネットにつなぐ事の2点です。

 

このことで海外から日本の地上波、BS、CS、さらには、Hulu(日本版)まで視聴が出来る様になります。

 

さらに。。。インターネット機器からみられるばかりではなく、海外のテレビにAppleTVをつけるだけで海外のテレビでこんな風に視聴する事が出来る様になります。今年の冬は日本に帰国されない方も海外でバッチリ冬の特番視聴できます。

 

 

 

海外で快適な日本のテレビ生活送りませんか?98%の日本のご自宅で設置が可能です。詳しくはご相談ください。



http://www.WatchJTV.com

| トラックバック (0)

海外のテレビはつまらない!から日本の番組もみれるようにしてみました。

 

海外のテレビはつまらない!チャンネルをまわしても日本のテレビは映りません。子供はドラえもんがみたい!と言います。高校生の娘はドラマの話題についてゆけないと日本に帰ってから不安!とこぼします。ニュースが見れなくて浦島太郎状態です。そのような悩みはすべて解消できます。つまらない海外のテレビチャンネルに日本のチャンネルを追加しませんか?

 

 

 

WatchJTVのテレパソで可能になります。

| トラックバック (0)

iPadを日本のテレビに変える方法

ipad-air-mini-680

 

今皆さんがお持ちのiPadで日本のテレビやラジオが聴けますか?もしその答えがNOであればこの記事ご参照ください。今お使いのすべてのiPad, iPad mini, iPod, iPhoneをテレビに変える方法をご案内いたします。

 

通常テレビを見るには、テレビが必要です。(リビングに置いているテレビですね)テレビをつけてみる、テレビにつないでいるハードディスクレコーダーから録画したものをみる。これが一般的なテレビの視聴方法です。しかし現代ではこの作業がiPadでも出来る様になっているのです。

 

テレビを見るには通常テレビやハードディスクレコーダーをアンテナ線につなぎます。しかしこの配線ではiPadでテレビを見る事はできません。テレビやハードディスクレコーダーは直接iPadと通信ができないからです。

 

tv-ipad ではiPadをアンテナ線に繋げれば視聴出来るということになりますが、iPadにはアンテナ端子はございませんので直接は繋げないということになります。ではどうすればよいでしょうか?アンテナ線とiPadが通信をできる機器があればこれが可能となります。それが、テレパソです。テレパソとiPadはコンピュータ同士なので通信ができます。

 

テレパソは、アンテナ端子のシグナルをコンピュータで通信出来る様にする為の機器です。テレビとは違いみるだけではなく、リビングの外に持ち出す事ができるようテレビシグナルをインターネット形式に変換する事が出来る機器。つまりiPadでテレビが視聴出来る様になるというわけです。

 

telepaso-ipad

 

テレパソはご自宅のアンテナ端子からでているアンテナシグナルをインターネットで運べる形式に変換し世界中からインターネット経由でテレビの操作が出来る様になる機器です。もちろん録画予約も録画保存もこれ1台で可能です。テレビとハードディスクレコーダーの役割をするばかりではなく、リビングから抜け出し海外のリビングまでアンテナシグナルをお届けいたします。

 

iPadには高価なアプリやアンテナ等一切不要です。サファリブラウザーをひらき、自分専用のアドレスにアクセスするだけで録画した番組の視聴が可能です。つまり日本にテレパソだけ設置しておけばあとはインターネットのある場所であればどこからでもいつでも自分のテレビにアクセスが出来るという事が実現出来ます。

 

iPadからサファリブラウザーをひらきアドレスバーに専用アドレスをタイプします。

 

plex-url-access

 

ログインパスワードでログイン。

 

plex-login

 

動画を選択。(KumoPasoご利用で音楽や写真や個人動画なども全く同様にできます。)

 

ipad-plex_main

 

録画済の番組の一覧が表示されますので、見たい番組をクリックするだけで視聴ができます。

 

plex-6-copy

 

もちろん日本で購入されたiPadを海外にお持ちになってもご利用いただけますし、海外でご購入されたiPadでも全く同様にご利用いただけます。さらに海外でお友達の使っているiPadでもアクセスができます。(機器に依存しません。)専用アドレスと、ID/パスワードでアクセスができるのでどのような環境でもすぐに自分のテレビを呼び出す事が出来る様になるのです。

 

テレパソ1台日本に設置するだけで、どのiPadもテレビに早変わり。皆さんのいまお使いのiPadも日本のテレビになります。テレパソ生活始めませんか?今年の冬は日本に帰省ができないかたも日本のテレビ海外から100%お楽しみいただけます。iPadのみならず海外のテレビでの視聴も可能!詳しくはこちら。最新のIT技術で想像以上の事が出来る様になります。

 

簡単3ステップでご案内いたします。

 


http://www.WatchJTV.com

| トラックバック (0)

海外でマスターしたいスキル

夫の海外赴任で3年の予定でアメリカにきています。日本にいる時より暇な時間がある為なにか技術を身につけられないかと考えています。小さな子供がいるのであまり長い時間外に出る事はできないのですが、海外でどのようなスキルアップが出来るでしょうか?

 

海外に赴任されるとご主人のほうは会社の業務で忙しくされるのですが、一緒についてきた奥様が抱える悩みが昼間の時間の使い方です。はじめの1年は環境に慣れるのに精一杯だと思いますが、意外に終わってしまうとあっという間に過ぎ去ってしまうものです。3年という期間であれば限られた期間でなにか使えるスキルを目指して帰国したいものです。テレパソ活用でスキルアップも実現出来ます。

 

 

お勧めのスキル:語学の取得(特に英語)

 

何と言っても世界で1番使える言語は英語です。海外赴任をされている方は帰国後必ず語学力があると勘違いされます。そのようなギャップを埋める為にもなんとか片言でも話せる、聞けるというレベル迄持ってゆきたいと思いませんか?3年あれば十分です。英語のスキルを身につけていれば、お子様が大きくなった後でも働くチャンスのスキルとなります。海外の経験プラス英語力はあなたの大きな力になってゆきます。Hulu日本版では、英語を聞きながら日本語訳をみる事ができますので、英語の勉強に非常に役立ちます。現地で聞こえてくる音がたくさん含まれていると思いますので勉強をしながら、実践という事ができるのではないでしょうか?

 

海外からHulu(日本版)を見る方法

 

 

 

お勧めのスキル:コンピュータの取得

 

アメリカにお住まいの方は既にお感じになっているかと思いますが、コンピュータのスキルは今はもう不可欠です。お子様の学校もiPadの導入、コンピュータの活用、エッセーはタイプのみなどかなりのスピードで電子化されているのはお気づきではないかと思います。すぐに "コンピュータは初心者です。" という言葉は通用しなくなってしまう時代となってしまいます。そのようなことになる前にちょっと一歩進んだデジタル活用を学習してみると面白いと思います。

 

コンピュータというと右も左もわからない。という方にはご自身の興味のある分野からはじめてみる事をお勧めいたします。例えば、近年iPadなどでは日本の雑誌や本などが購入できますが、それを海外から取り寄せて読んでみる。自分が読みたかった、みたかった雑誌を海外から購入しiPadで読んでみる。というような事を行ってみてください。このような作業であれば海外で不便だと思っていた事も解消でき、かつITを活用する結果となり一挙両得!です。(お友達にも教えてあげる事で話も弾みます。)

 

アマゾン JapanからiPadで雑誌を読んでみる

 

http://www.WatchJTV.com

| トラックバック (0)

海外からオンディマンドをしかも海外のテレビで視聴する方法

オリジナルの記事はこちらより

 

近日、日本でも"オンディマンド"という言葉をよく耳にする様になりました。"オンディマンド"というのは、テレビ局がテレビの放送をインターネットで流す課金制のサービスです。テレビで見逃した番組などを視聴したり、スカパーなどのチャンネルを単品で番組単位で購入する事ができるようになります。

 

on-demand-vpn

 

ざっと例を挙げても上記のようなテレビ局からTsutaya(レンタルビデオ配信), Hulu 日本版など様々なチャンネルがございます。ただしこれらのサイトはみな海外からはアクセスができません。アクセスは国内からのアクセスに限定されている為です。

 

region-error

 

テレパソでは、これらの海外からアクセスできない番組もVPN接続を経由することで視聴出来る様になります。テレパソに搭載されておりますVPNというサーバー機能で海外からアクセスしているコンピュータを一旦日本のネットワークにつなぐ事ができるため視聴が可能となります。テレパソ自体は日本にございますのでテレパソを通して海外のコンピュータをまずテレパソにアクセスさせ、日本のネットワークからもアクセスとしてこれらのサイトにアクセスが出来るというわけです。自宅にサーバーを設置する大きなメリットとなります。

 

アクセスは非常に簡単です。お使いのコンピュータ(ウィンドウズ/マック)にVPNに接続する為のソフトをインストールしてそのソフトが自動でテレパソのVPNサーバーにアクセスして接続完了です。

 

このVPN接続状態で各オンディマンドのサイトにアクセスできるようになりますし、また裏を返せば日本のネットワークですからアメリカからアクセスした場合はアメリカのHuluにはアクセスが出来ない(アメリカにいるのに)ということになってきます。海外から視聴できないネットラジオ(ラジコ)またネットワークゲームなども全く同じ原理ですので一旦日本へアクセスしてからご利用いただくことで様々なアクセスが可能となります。

 

VPNの接続は、企業や大学、病院など大企業で利用されている非常にセキュリティーの高い接続方法となります。テレパソでは個人のサーバーにもこの高度なVPNサーバーを搭載することにより簡単に海外からVPN接続が出来る様になっております。

 

既にテレパソをご利用の方はAppleTVを海外のテレビに接続してテレパソと連携させ海外のテレビから日本のテレビを視聴されていると思います。既にAppleTVをお持ちであり、ご利用のコンピュータがマックでエアープレーイミラリングに対応している機種であれば、なんと日本からのオンディマンドを海外のテレビで視聴するという事ができてしまいます。これはかなり衝撃的です。(めちゃくちゃ便利です。)

 

airplay-jp

 

ondemand-ontv

 

オンディマンドでは通常のテレビとは違い放送されない地域のテレビ局の放送もオンディマンドで視聴ができますので、(例えば東京の人であれば関西テレビ等)選択肢が広がります。

 

海外から視聴出来ないサイト一覧(海外からご利用の方は下記リンクをクリックしてもアクセスはできません。テレパソのVPN接続で海外のPCから接続される事でご利用いただけるようになります。)テレパソを設置する場所がない方はJP VPN接続サービスもございますのでご検討ください。

 

                                                               
NHKオンディマンド 日テレオンディマンド TBSオンディマンド
フジテレビオンディマンド テレビ朝日オンディマンド テレビ東京オンディマンド
WOWOWオンディマンド スカパーオンディマンド ワーナーオンディマンド
Hulu 日本版 ドガッチ Tsutayaオンディマンド
関西テレビオンディマンド 北海道テレビオンディマンド ラジコ(ラジオ放送)

 

 

テレパソをご自宅に設置されますと日本のご自宅の地上波、BS、CSの他、上記のようなオンディマンドのご利用も可能となります。テレパソは市場では販売されていない特殊なサーバー機能をたくさん搭載したストリーミングサーバーです。外付けに別途1TB-4TBのハードドライブを追加することにより、パーソナルクラウド(ファイルサーバー)としてのご利用も可能となります。さらにそのハードドライブ内にiPhoneやビデオカメラで録りだめた動画を保存する事により、遠隔からストリーミング再生やダウンロードもテレビ番組同様ご利用いただける様になります。非常に高度な機能を搭載した1台となります。是非ご利用ください。

 

ご購入はこちらより

 

 

| トラックバック (0)

海外のテレビでHD画質で日本のテレビが視聴できますか?

海外のテレビでHD画質で日本のテレビが視聴できますか?

前回の記事で 海外からテレビが視聴できる仕組みをご案内いたしましたが、今回の記事では番組データの大きさ(量)についてお話しいたします。上記ご質問はよくいただく 質問なのですが、データがこのように膨大になるものを回線環境が悪いところに持ってこようとすれば快適度が大幅にさがってきます。

1時間の番組をダウンロードするのに6時間かかるようなデータであれば毎日テレビを見る気さえなくなってしまいますよね。

1hour-data

(単位:GB)

上記の図はテレビ番組の録画を1時間録画した場合のデータ量を比較した棒グラフです。1時間番組HD画質で録画した場合おおよそ6GBという膨大なデータ量になります。1日3時間録画すれば、18GBですからかなりなデータ量になります。この量を海外迄転送しようとすれば低速な海外のインターネット回線環境では膨大な時間がかかってしまいます。 問題になるのはデータ量だけではございません。日本側や海外側のプロバイダーでは利用領域の多いユーザーには規制をかけてくることがございますので、いくら高額なプランを利用していても速度制限がかかってしまう事がございます。 それらの速度的、データ量的条件もございますが仮に上記2点の条件が満たされたとしても実はデジタルにはシグナル自体に規制がかかっており(ムーブ制限、コピー制限等)実はHDD録画した番組やPCで録画した番組は同じ機器でなければ再生ができないのです。このコピー制限を外す事は法律上できませんので、基本的に海外のテレビでHD画質で日本のテレビが視聴できますか?という回答はNOということになります。 現在では高画質が当たり前の様になっている反面、モバイルでの視聴など以前の様にPC、TV、モバイルでの視聴とさまざまな機器での番組視聴が一般的となっております。特にモバイルでの視聴の場合はHD程のデータがあると膨大すぎて容量が足りなくなるという事が起きてきます。 しかし小さい動画であれば(ワンセグなど)テレビで見る事はおおよそ難しいのが現状です。 テレビでもある程度の高画質を保ち、モバイルでも容量的に邪魔にならないサイズで視聴できるのがWatchJTVのテレパソです。 テレパソでは1時間番組おおよそ300-350MB程度に圧縮する事ができます。つまり6GBの大容量をたった300MB程度に圧縮するので、低速な海外の環境でも無理なくダウンロードして視聴する事が可能です。

 

海外のインターネットプランは高額なので、高画質で視聴する為に速度を高額なプランで利用する事を考えれば、通常の速度プランで利用し日本に設置したテレパソでデータをゆっくりとダウンロードして利用するという方法も月々のインターネットプランの節約につながります。

 

現在$200オフキャンペーン実施中です。タイランドやインドネシア等の低速な回線でも十分快適にご利用いただけます。

 

http://www.WatchJTV.com

 

 

 

| トラックバック (0)

海外の速度プランとテレビが視聴できる関係

timewarner

 

 

この表は現時点でのアメリカでの一般的なケーブル会社が提供しているインターネット速度プラン表です。

 

 

最高プランでも50Mというプランですが、これは日本のADSL(47M)に相当する程度の速度です。(現在の日本のプランは200Mあります。)Most Popular(最も人気のあるプラン)というのが 15Mのプランで月々$30(3千円程度)ということになりますが、15Mなどというプランは日本で存在しておらず恐らく海外にきてどのプランを選択するか迷われる方も多いのではないかと思います。

 

 

15Mのプランが人気の理由は費用もありますが動画を視聴するのには十分な領域が確保出来る速度のためです。基本的に一般的に利用する方法で一番データが重いのは(データ量の転送が大きい)YouTubeなどの動画サイトからの視聴ではないかと思います。例えば15Mのプランで利用していた場合、YouTubeのHDの高画質で視聴するには、2Mあれば快適に視聴ができます。つまり15Mあれば余裕で視聴が出来る速度というわけです。インターネットの速度はは波形で一定ではございませんので振り幅上下5Mとしたとしても10M-15Mの領域があればカクカク止まる事なく視聴ができるというわけです。

 

 

15m_plan

 

 

これはあくまでも国内での速度です。YouTubeなどの動画サイトは1カ所にあるわけではないので各州、各国にデータセンターがあり自宅から一番近いサーバーにアクセスして視聴する形になっています。その為15Mのプランでもその領域ないで利用が出来るという事になります。

 

 

テレパソとの違い

 

 

テレパソは自宅(日本)の回線にアクセスをして動画を視聴するという機器ですのでアクセスは国内(海外)ではなく国際回線での利用となります。

 

 

ここで実験です。上記表で30M(2番目に高速のプラン)で速度チェッカーで測定すると下記の結果となります。

 

 

comcast

 

 

プラン通り33M程度でている事が確認出来ます。これは国内の測定です。(アメリカ)

 

 

テレパソは日本からのアクセスになりますので速度テストも日本のもので行う必要がございます。Usen(ユーセン)の速度チェッカーでの測定の結果です。

 

 

usen-speed-test

 

 

お分かりでしょうか?33Mあった速度が日本間となるとたった3M程度に落ちてしまいます。10分の1です。高画質視聴が2Mですが振り幅がありますので3M−1Mというような幅で移動してゆけば高画質は難しい、もしくはカクカク止まる事もあるという速度になります。(2Mに対する振り幅に余裕域がないということになります。)

 

 

30m_plan_japan

 

 

高額な30Mのプランでこれですので、最も人気のある15Mであれば単純計算すれば 1.5Mしかでない。さらに振り幅を考えれば視聴がカクカクする事がおきてしまうということは容易におわかりいただけるかと思います。

 

 

思い切って50Mの高額プランに!ということであれば恐らく5M程度はでる環境になりますので視聴は出来るかと思いますが月々の費用を考えますと非常にもったいない気がします。

 

 

50M $79.99 15M $29.99

 

 

$50/月の違いですので、1年で$600。赴任期間は3年とされておりますので、3年で$1800という大金が消えてしまうというわけです。非常に高額です。

 

 

WatchJTVのテレパソでは、15Mプランでも高画質で視聴が可能です。その訳は3つの視聴方法をご選択いただける為です。ライブ視聴、ストリーミング再生、録画視聴です。ライブ視聴、ストリーミング再生というのは先にご説明しました通り回線がなければ視聴出来ない方法になります。つまり15Mのプランでは恐らく視聴は快適とはならないと思われます。しかし録画視聴という方法であればデータを一括でダウンロードしてから海外で再生しますので、回線環境には依存せず高画質のまま再生が可能です。

 

 

様々なストリーミング機器がございますが例えばソニーのロケーションフリーで画像が止まる、画像が低画質、画像がカクカクする、時間帯によってはみれない。などという症状はこのようなことが原因です。テレパソでは回線に依存する事なくデータを丸ごとダウンロードできますので、高画質のまま録画し、高画質のまま転送し、高画質のまま海外のテレビで視聴をする事が可能なのです。確実に視聴ができるシステムです。

 

 

動画でもご説明しておりますのでご参照ください。

 

 

 

 

今月はご好評につき$200オフキャンペン延長いたします。コンピュータパーツの価格が年末に向けて高騰してきております。この機会にご利用ください。

 

 

設置が不安な方はプリ診断フォームよりご相談ください。業者もご紹介しております。

 

http://www.WatchJTV.com


| トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »