« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

年末年始は海外のテレビで日本のテレビ

Watchjtv_overall


テレパソは海外のどんな低速な環境でも高画質で快適に視聴が可能です。それには大きな理由があります。

 

録画した番組がダウンロードできる

録画ができるという文句にはトリックがあります。例えば、海外からテレビがみれるロケーションフリーも録画が出来る!と宣伝していましたが、弊社のテレパソの録画が出来るというものとは少々違います。

ロケーションフリーで録画ができるというのは、ロケーションフリーにつないだHDレコーダーなどに録画ができる。ということです。つまりライブで今みるか、録画しておいてあとでみるか何れにしても回線をつないだ状態でなければ視聴ができません。

テレパソの録画ができるというのは意味が違います。もちろん番組の録画は日本で行い日本のテレパソ内に保存されます。ロケーションフリーと違うのは、その番組データを海外にダウンロードが出来るという点です。

ダウンロードが出来るという事は、つまり海外のコンピュータやiPad, iPod, iPhoneなどに番組を保存できるという事。故にダウンロード後は回線がない場所でも何度でも視聴ができるというわけです。

これは海外在住者には非常に重要な機能です。例えば、時差を利用し夜中の寝ている間にダウンロードをすませ、ファイルをiPadに移動し、お友達の家のテレビにつないで一緒にみる!そんな事ができるのがテレパソです。

ファイルが保存できるということは、編集や保存も可能ですし、飛行機などの回線がない場所での視聴も可能ということになります。現在iPad, iPod, iPhoneに日本のテレビ番組を保存できる機器というのは非常に少なく、恐らくテレパソだけだと思います。非常に貴重な機器となることでしょう。

年末の紅白歌合戦は、ライブ視聴でみるもよし、録画をしておいて海外の夜9時にあわせてみるもよし。(これで全く日本での大晦日の時間の過ごし方と同じになりますね。。。)

いろいろな使い方が広がります。

年末は是非テレパソで

http://www.WatchJTV.com




| トラックバック (0)

海外のテレビで日本のテレビ視聴可能!

Tv_kaigai


海外赴任、海外転勤、海外移住。日本の方が海外で生活する機会は様々あるかと思います。今後、日本のTPPの参加などグローバル化が進むにつれてますます海外で活躍する人材というのは重要となりさらにどんどんとその人口も増えてゆく事でしょう。

海外で暮らすということは、言語、文化、習慣など様々な違いがありストレスがつきものです。そんなとき日本でみていたあの番組が視聴できたら。。。。なんて考えた事はありませんか?しかも海外のリビングのテレビでソファーに座りながらあの番組をみる。この瞬間から海外生活が100%変わります。

海外からテレビを視聴するには2種類の方法があります。

1 ストリーミング再生での視聴。

2 録画転送での視聴。

1の方法はロケーションフリーでおなじみですが、この方法は回線環境に大きく依存する為に残念ながら海外の回線環境では100%高画質で快適に視聴というものにはほど遠いものです。海外では日本ほど回線環境が整っておりませんので、常に回線環境に依存する再生方法というものは難しいのが現状です。ここアメリカでさえまだADSLの状態です。

海外で高画質でしかも快適に視聴するには、録画してからその番組を転送できるという機能が大きなキーとなります。ロケーションフリーでも録画はできますが、録画ファイルをダウンロードする事はできません。つまり録画のファイルをあくまでも移動する事は出来ないのです。

テレパソはすべての機能を海外在住者の為に設計しております。

高画質で視聴するには、ファイルをダウンロードしてから海外側で再生するという方法をとるのが一番確実な方法です。この方法であれば、回線がない場所でも何回も繰り返し再生できますので、番組をiPad, iPodに移動して持ち歩いたり、iPad, iPod をテレビにつないでホテルや友人宅で一緒に視聴するということも可能になります。(回線環境は不要です。)

さらに、テレパソではAppleTVとの連携により、海外のテレビをつけただけで日本の番組が再生できる!という業界で唯一のシステム構成を実現しました。テレビは日本から海外にもっていっても日本の番組は写りません。(当たり前ですが)しかし、テレパソとAppleTVの連携で、海外のテレビで日本のテレビを視聴する事ができるのです。

一度構築してしまえば、もう病み付きになります。海外で疲れた身体をソファーに預け、テレビの電源をパチリ。これだけで日本のテレビが視聴できるのです。

夢のようですが本当です。多くのお客様が既に実現されており、"妻が病み付きになっている!"  ”子どもが勝手にテレビをみている" というような喜びのお言葉をいただいております。

3歳のお子さんでもテレビをつけて、自分の見たい番組を簡単にリモコンで選んで視聴ができるのです。(タイトルがサムネールで表示されている為、文字の読めないお子様でも簡単に操作ができます。)

テレパソはもちろん録画ばかりではなく、ライブ視聴も可能ですのでアイススケートのライブや、野球中継のライブ。紅白歌合戦のライブもオンタイムで視聴が可能!今年の年末はご家族みんなでお茶の間に集合しませんか?

テレパソは日本に設置するだけで簡単に海外でテレビ生活を開始する事ができます。日本での設置は物理的接続のみ!色合わせで配線していただくだけですのでどなたでも簡単に設置が可能です。

難しい設定はすべて遠隔で専門エンジニアが行います。ルーターの設定も一切不要!物理的配線のみ行っていただければ今すぐ海外で日本のテレビ生活開始できます。

ただいまキャンペーン実施中!是非ご検討ください。

10_man_yen



新機能!VPN機能を追加すれば、ラジオも聴ける!レンタルビデオも借りられる!すべて日本と同じ事ができます。

http://www.WatchJTV.com

| トラックバック (0)

テレビに10万円ならテレパソの方が断然お得!

Home

現代のご家庭で家にテレビが一台もないというご家庭は少ないでしょう。どのご家庭にでもリビングには大きな画面のテレビが1台どーーーーんとあるものです。しかしこのコンセプトが根本から大きく変わる時代が来たようです。基本的にアンテナから来ているテレビのシグナルはテレビでなければ視聴が出来なかった為にテレビというものが重宝されてきました。

テレビをアンテナにつなげお茶の間を囲んでみんなで視聴するだけの為に数十万もするテレビへの投資はもはや時代遅れ。なぜなら場所と電気代がかかるテレビですが使い道といえばその部屋でしかテレビがみれません。そう隣の部屋ではなにも役に立たないのです。今あるテレビを海外にもっていっても海外では日本のテレビは視聴できません。たった一つの部屋でしかみれないテレビそれがテレビの役割だったのです。

しかし、インターネットが普及したいまとなっては、もはやテレビという媒体は不要。テレビが必要なのではなく、必要なのは壁から来ているアンテナ線だけ。このアンテナ線をどこからでもみれるようにすれば、もうテレビがある部屋に縛られる事なく、自分がみたい場所でみたい時に視聴ができるという自由な環境が構築できるというわけです。

これを応用したのがテレパソです。

テレパソは、日本のアンテナにつなぎそのアンテナを遠隔から操作し海外にデータを転送し、そのデータを海外のテレビで再生するという事が可能です。まるでドラえもんのどこでもドアのような世界ですが、こんな事が実現するのです。

日本にテレパソ一式を設置するだけ。

あとはインドでもドイツでもインターネットがある場所であれば日本で視聴していた時と全く同様に遠隔からテレビを操る事が可能です。

テレパソ10万円キャンペーン実施中です。これさえあれば、ご自宅を離れてもご自宅と同様にライブ視聴、録画予約、録画、録画の転送、録画の削除すべての作業が遠隔から行えます。アイススケートは生中継でアメリカから応援!などということも可能です。

一家に一台テレパソの時代です。

http://www.WatchJTV.com

| トラックバック (0)

浅田真央さん優勝!-海外から日本のテレビ

Podcast

先日の浅田真央さんのスケート映像は海外からは見れない貴重なもの1つです。海外からテレビをみていてこの瞬間が一番ありがたい!と感じるひとときです。スポーツ観戦や生放送などはやはり録画ではなくライブでばっちり視聴したいものです。ただ、海外では回線環境が悪い場合この映像がカクカクとして視聴ができなーい!そんな瞬間は一番恨まれる瞬間でしょう。しかし、テレパソならご安心ください。回線環境が悪い場合は、低画質に落として視聴する事も可能ですがやはり一番強みなのは、録画ができることでしょう。

録画をしておけばどんなに回線が遅くてもストレスなく視聴ができます。しかも海外のTVで視聴ができますので高画質状態で海外のTVでみんなで干渉!が可能となります。海外では時差もありますのでこの録画機能は非常に貴重な機能となります。

テレパソは日本に設置してしまえばあとは、海外のコンピュータに勝手に番組転送をしてくれますので完全自動化で日本のテレビを海外のテレビで視聴する事が出来るようになります。是非今年の年末の番組は海外のお茶の間でお楽しみください。

http://www.WatchJTV.com

| トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »