« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

Skype:先方の電話を自動応答させる設定方法

テレパソ活用法③

海外在住の方は日本の方と電話で連絡なんてコスト高なことされてませんよね?日本にコンピュータを設置してあるご家庭であれば SKYPE (スカイプ)を利用することで、いつでも好きなだけ無料で海外と日本を音声ばかりでなく、映像でもつなぐ事が可能です。

例えば SKYPEで電話をかけたとき(無料)両親がなかなかピックアップしなくって。。。。とか、どうやって応答するか分からないみたい。。。なんてことありませんでしょうか?

日本側のかける相手のSKYPEの設定を下記のようにすれば問題は解決です。

Auto_call_skype

これで相手に電話をすると2コールほどで自動につながるようになります。コンピュータが苦手な人でも何も操作する事なく会話が自由にできることになります。

お試しあれ!

テレパソを利用すると上記の設定も海外から行えます。両親の自宅にテレパソを設置しVPN接続により遠隔操作で海外のかたがこのチェックマークを入れる事ができるようになります。そう。ご両親のPCを遠隔操作ができるのです。

テレパソはテレビを見るだけではなく、ご両親への遠隔サポートも可能になる優れた機能を備えています。


http://www.WatchJTV.com

| トラックバック (0)

両親のコンピュータを遠隔で修復可能!

 

Realvnc



テレパソ活用法②

テレパソは自宅に設置して自宅のテレビシグナルを海外で視聴するというシステム。多くの海外在住者の方はご高齢のご自宅への設置などをご検討される方も多いのが現状です。

ご高齢のご両親宅にテレパソを設置するのは申し訳ない。。。そんな方が多いのも現状です。そこでWatchJTVはテレパソにもちつもたれつの関係を構築できるようなシステムを搭載しました。

VPNという接続を海外からすることでテレパソ設置場所のコンピュータを遠隔操作する事が簡単にできるようになりました。

例えば、アメリカにご赴任しているA氏がテレパソを経由し、テレパソ設置場所の日本でお使いのコンピュータを遠隔で画面操作ができるというわけです。

ご高齢のご両親がコンピュータを使う方も多い中、E-mailの設定がおかしくなった、スカイプが立ち上がらない、アイコンが消えてしまったなどなどちょとしたトラブルはつきものです。

そんなとき、海外のテレパソユーザーがご両親のコンピュータをテレパソ経由で修復する事が可能となるのです。しかも簡単に。VNCという遠隔操作ソフトを利用するのですが、これは非常に設定などが難しかったり、セキュリティーが難しかったりと初心者には問題があるのですが、テレパソ経由でこれがワンタッチ。IPを打ち込むだけで簡単に設定ができます。

持ちつ持たれつの関係で。。。。

WatchJTVのテレパソは、設置側にもメリットが生まれるような機能をどんどん搭載してゆきます。

http://www.WatchJTV.com

Logo

| トラックバック (0)

リモコン一つで海外のテレビで日本のテレビを視聴する方法

Appletvremote


テレパソ活用術①
リモコン一つで海外のテレビで日本のテレビを視聴する方法

これは本当に海外在住者には夢のようなシステムです。海外でテレビを見るにはPCをひらいたり、ダウンロードをしたりと視聴可能な環境であってもなかなか簡単に視聴するのは難しいものです。

しかし、下記の手順を踏めば海外のテレビをつけるだけであとはリモコンん操作のみで番組を簡単に再生する方法ご紹介しましょう。

必要な機材
日本側: テレパソ(日本に設置), Easy iPod & AVI (オプション機能)
海外側: AppleTV

これだけで海外のテレビのスイッチをいれるだけで日本のテレビが再生できてしまう夢のシステムが構築できます。


  1. まず、日本にテレパソを設置します。(Easy iPOD & AVI オプションもご購入ください。)
  2. 海外のテレビにAppleTVを取り付けます。
  3. 海外のPCからテレパソにアクセスをし、WEBブラウザーから番組の予約をします。
  4. 海外のPCにiTune(無料)ソフトをインストールして、テレパソ内のRSSアイコンを登録(ドラッグ&ドロップ)します。

たったこれだけの作業で何がおこるかと言いますと、まずテレパソが予約時間になると日本のテレビをどんどん録画する >>>

録画後、RSSアイコンが自動転送指示を送り(ポッドキャストの応用です)RSS登録済のPCに転送を開始する(ユーザーはとくにダウンロード指示もする必要はない)>>> 


海外側のテレビをつける >>>


AppleTVがPC内のiTUNEないに自動転送された番組をリストアップする >>>


AppleTVリモコンで番組名をクリックし海外のTVで再生



3歳の子供でも再生可能なシステムの構築が可能です。

日本でテレビをビデオに録画して視聴する感覚を海外のテレビで実現できてしまいます。もう何がどうなっているのか分からなくなりそうな技術ですが、いまのIT技術ではこれが可能なのです。

AppleTVとWatchJTVの連携で場所を問わず、快適なテレビ生活送ってみませんか?

http://www.WatchJTV.com

日本のご自宅にテレパソを設置してご自身でアクセスすることは日本の法律でも合法な方法になりますのでご安心して設置していただけます。

| トラックバック (0)

海外のテレビのスイッチを入れれば日本のテレビ

Telepaso_guide_480

テレパソでできる機能の一覧を一目でわかるようまとめてみました。テレパソ1台日本のご自宅に設置するだけで、海外から自由自在に日本のテレビを視聴できるばかりではなく、日本宅に設置してあるPCのサポートも海外のPCから行う事が可能となります。

海外のTVの電源を入れるだけで、日本のテレビが視聴できる。

そんな夢のような環境を構築する事ができるのです。3歳児がテレビのリモコンを操作し簡単に日本のテレビを自分で再生できる。そんな快適を目指してWatchJTVのテレパソは、新機能をどんどん追加しております。

http://www.WatchJTV.com

| トラックバック (0)

5つの条件クリアーで海外から日本のテレビ視聴

Setup


 今回の"まねきTV事件" "ロクラクII事件"後、邦人のテレビ生活に大きな影響を与えています。日本の法律というのは、昔から非常に遅くインターネットのような速度の速い進歩にはとても追いつかないのはまあ無理のない事なのかもしれません。

しかし、だからといって今迄の快適な環境が否定されるというのも消費者としては納得がゆかないのではないでしょうか?

アメリカでは自由に自宅のテレビを遠隔で操作できる技術が競い合われるように進歩しています。アメリカではOKな技術も、日本ではNO!というのはあまりにも不公平です。

大抵海外で日本のテレビを視聴したいという場合は日本に何らかの形でご自宅が確保できる方だと思います。それを生かさない手はありません。月々の費用は全くなしで機器のみで視聴ができますので長期的には非常にお得になります。サーバー設置なんて難しそう!というお考えの方も下記の5項目がクリーアーになれば設置可能です。

海外で日本のテレビを視聴する為に必要な条件

- 設置場所(日本のご自宅)の確保

-   インターネット回線(ADSLまたは光ファイバー環境)

日本は高速回線が整っている世界でもまれな国です。光ファイバーの場合ですと逆に業者設置より高速出ます。)

-    地デジ受信波(地上波、CATV、NTTフレッツテレビいずれも可)

-    グローバルIP環境

(これはほとんどの環境がグローバルIP、動的IP環境ですが念のためプロバイダーにご確認ください。固定IPである必要はありません。静的IP環境の場合は変更してもらうことが可能です。)

-    ルーター

(分からない場合はご相談ください。日本側でのルーターの設定は不要です。)


日本側でしなければならない作業

-   物理的接続(電源コード、LANケーブル、TVアンテナシグナル、電源を入れるなど)

日本での設定は一切不要です。テレパソの配線を正常にしていただき、テレパソが回線にのればあとは日本での作業は不要です。(物理的配線に問題があった場合のみ要調整)


どうでしょう?一度日本のご家族とご相談ください。

日本でのメリットもあります。(日本の方に伝えてください)例えば日本の方がコンピューターのサポートが必要な場合(よくありますがアイコンがなくなった!とかメールができなくなったーなど)テレパソが設置してある場所のコンピュータに海外経由で簡単にアクセスができるようになります。

VNCというソフトを利用した方法なのですが、テレパソのVPNというバーチャルネットワーク機能を応用し海外のネットワークと日本のネットワークをLAN関係につなぐ事ができます。つまり、海外にいるのに日本の両親のコンピュータサポートができる(日本のご両親のコンピュータの画面を海外から操作できる)というようなことができるようになります。

設置させてもらうかわりに設置先のPCをサポートしてあげる。。。持ちつもたれつの関係を構築できるのがWatchJTVのテレパソなのです。

http://www.WatchJTV.com
常に最新の技術をシリコンバレーからお届けします。

| トラックバック (0)

日本のネットが危ない!まねきTVの敗訴。

アメリカではGoogleTV, AppleTVが主流となりメディアとインターネットが統合し新しいメディアの形を形成しつつあるなか、まさにその風潮に逆行するかのような大きな判決が日本で下された。

"まねきTV事件"敗訴

判決は大々的にニュースで報じられたせいか、弊社にも問い合わせが。

この事件は非常に複雑で言葉の解釈ということが重要な点になるケースである。多くの海外ユーザーはこれらの判決に怯え、いつ自分の機器が使えなくなってしまうのか不明な点も多いと思う。

簡単に説明すればこれらの事件の問題点は、機器を業者に設置していたこと。ということになると思う。(管理者の主体)つまりは、自分の機器であっても市販の機器であっても業者に設置し管理してもらえばアウトというのが結論である。

この事件海外在住者には大きく影響する判決である。歴史は2005年の録画ネット事件から始まり、サービスもどんどん法律に抵触しない方法で発展してきた。

録画ネットでは、業者が自作PCを設置のため管理支配が業者にあるということで敗訴。

では自作ではなく市販機器を設置させるということで進化してきたのがまねきTV。

今回のまねきTVでは、業者が市販のロケーションフリーを設置しただけにも関わらずやはり敗訴という驚くべき結果となった。

海外在住者の中には日本の設置場所がない人もたくさんおり、このような設置業者がアウトとなると海外在住者が日本のテレビを海外で楽しむ手段がなくなる。

今回問題となった "送信可能化権" というもの。実は先進国では日本、オーストラリアしか適用していない古いもの。過去の法律を引きずるあまり日本のネット進化に大きな影響をあたえてしまうようだ。

いまやアメリカではテレビを視聴する手段はTiVO, Slingbox, Hulu, GoogleTV, AppleTVなどさまざまな手段をインターネット上で選択する事ができるように進化している。各テレビ局もインターネットに乗り出した事で利益をあげているという記事もよくみかける。

このようにインターネットでの需要がある以上この流れを法律がいくら上から押さえつけても押さえきれなくなってきてしまう時期は日本にもやがてやってくると思う。

WatchJTVのテレパソは、自宅に設置し物理的接続はご自宅の方が行うため、今回のケースには全く触れませんこと念のためご案内しておきます。
http://www.WatchJTV.com

まねきTVの詳しい検証は

http://www.pronews.jp/column/nobuyoshi-kodera/1101191045.html

をご覧ください。

| トラックバック (0)

明けましておめでとうございます。

Happynewyear2011


皆様明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。

今年はいよいよ地上波アナログ停波というアナログからデジタルへの 完全移行年となりました。テレパソがまだアナログ仕様でご利用の方は、お早めに地デジ対応ご利用ください。一部ケーブル会社では既にアナログを停波してい るところもあるようで、突然テレビが見れない!!ということにならないようご注意ください。

さて、下記のようなお問い合わせをいただきま したのでご紹介いたします。コンピュータでテレビを視聴する事が一般的になってはきているものの、なかなかその仕組みをご理解されるのは難しいようです。 多くの方がこのような疑問をもたれていると思いますのでご紹介がてらご案内いたします。

は じめまして。現在シンガポールにてSONYロケーションフリーで日本のテレビを視聴していますが、映像が悪く、止まることもしばしばなので、こちらの購入 を考えています。そこでお伺いしたいのが、様々な機能に優れている、ということは理解できたのですが、肝心の画像の悪さが解決できるかお伺いしたのです。 ネット状況が良い時は下りで1000kbpsあるのでそこそこきれいに見れるのですが、夜になると100~200ぐらいになることもあり、上記のような症 状です。その点はwatchJTVに切り替えることで解消されますでしょうか?教えてください。(恐縮ですが、初心者ですのでわかりやすくご説明いただけ れば幸いです)



以下回答です


 はい。解消されます。


わかりやすくご説明しますと、ロケーションフリーは回線依存のため回線が運べるデーター量しか運べません。簡単に考えれば、川の流れで大量の葉っぱを流したいとき流せる量は川の幅と川の流れる速度に依存するということになります。

ライブ視聴、ストリーミング再生というのは、上記のようなイメージです。もちろんテレパソにもライブ、ストリーミング再生というロケフリと同様の機能はござます。しかし回線に依存する方法はいくら機器が優れていても川の流れ次第になりますので不安定になります。(特に海外では)

テレパソでは、これを録画してから一気にダウンロードする、つまり船にすべての荷物をのせてから一気に下流に流すという方法でデータを転送する事ができます。下流に届いた荷物は回線に依存する事なく回線がない場所でも何回でも再生が可能です。(データが手元にある為)

転送といいますが、転送時間は回線の速度に依存しますが、これは時差を利用したり、夜中のすいている時間帯にダウンロードしたり、さらには、RSS機能を利用して、海外側のPCがテレパソと常時通信し、テレパソの録画完了後自動でダウンロードを開始する事も可能です。

いちいち転送指示をする必要がないRSS自動ダウンロード機能は、海外在住者には
非常に便利な機能となります。

RSSというのはAppleTVとも連携しておりまして、海外のTVにAppleTVをつなげばそのままテレビでリモコン操作一つで操作が可能となります。もう海外にいるのか、日本にいるのかがわからなくなるほど自動連携されていますので、非常に便利です。

ダウンロードしてから再生できるので、データ量は大きくても視聴がカクカクすることはなく、高画質でいつでもしちょうできます。iPod, iPad, iPhoneと同期も可能で簡単に視聴が可能です。

是非ご検討ください。

WatchJTVのテレパソはシリコンバレーの最新のテクノロジーを常にアップデートし採用追加しております。買ったら最後の家電と違い、数ヶ月で進歩してしまう様々な機能に柔軟に対応し、常に最新の状態でご利用いただけます。

海外駐在が決まったら。。。。テレパソをご自宅に設置してお出かけください。海外生活が120%楽しくなります。

http://www.WatchJTV.com

| トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »