« これ日本のニュースです。 | トップページ | Air Display というアプリ »

テレビというコンセプトが変わる

Airplay_480


アメリカでは今までの "テレビ" というコンセプトが大きく崩れ始めています。"テレビ" はインターネットがない時代では魔法の箱で、この機器で地上の電波を目に見える形に再生したもの。

しかし、このコンセプトも時代の流れとともに大きく変わり始めています。

今までテレビは固定化されていて、その放映時間に家に帰らなければみれなかったものです。しかし、ビデオ、DVD、ハードディスクレコーダーなどが復旧し、時間的コンセプトは崩れ始め、いつでも録画してみたいときに視聴できるようになりました。

現代では、さらに一歩進みテレビがない場所でも視聴できるように。。。。iPhone, iPad, アンドロイドなど様々な携帯機器の出現でテレビ自体があまり価値がないものとなってきています。

テレビは大画面なので家族を囲んでみるにはやはり1台は欲しいもの。しかし、各部屋3LDKであればあと3台各部屋に置くとなるとコストや場所の問題が大きな悩みだったのではないでしょうか?

例を挙げてご紹介しましょう。

リビングに60インチの大画面テレビ。自分の寝室にはテレビはない。しかし、自分の寝室でテレビをみる方法は?

テレパソを自宅に1台設置します。iPad の7インチスクリーンでテレパソの動画を再生できますので持ち歩いて視聴すれば寝室でも玄関でも、トイレでも(失礼)視聴ができるようになります。完全持ち歩き自由です。

これだけではありません。iPad でいま15分ほど見ていたテレビ、やっぱりリビングでくつろぎながらみたい。という場合。AirPlay という機能で iPad で再生している動画を無線でTVに出力できるのです。つまり、魔法のように視聴場所を移動できる。。。。(*AppleTVをテレビに接続しておく必要がございます。)


いまや高価なハードディスクレコーダーを買うならすべてをコンピュータで操れるテレパソはご家庭に1台必須です。

テレパソはハードディスクレコーダーとは違い、遠隔操作もインターネット経由でできますので、海外からでも日本国内温泉地からでも好きなとことからテレビを視聴できます。

これからは、テレビ1台。テレパソ1台。スマートフォン1台。これだけで快適テレビ生活です。

http://www.WatchJTV.com

« これ日本のニュースです。 | トップページ | Air Display というアプリ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビというコンセプトが変わる:

« これ日本のニュースです。 | トップページ | Air Display というアプリ »