« 2007年6月 | トップページ | 2008年5月 »

ストリーミング再生って何?

Sony_pfm42v1

海外からテレビを見る技術というのは3種類あります。

  1. ライブ視聴
  2. ストリーミング再生
  3. 録画転送

なかなか初心者にはわかりにくい言葉ですが、よくブログなどでせっかく導入したのに結局視聴ができなかったー。などというのは下記の意味をよくご存知であればなるほどとご理解いただけると思います。(知識は宝なり。。。知っていればこんな失敗は絶対しません。)

■ ライブ視聴

いわゆるテレビでみるのと同じタイミングで見る視聴。チャンネルの切り替えも自由自在でくるくるチャンネルを切り替えながら視聴できる環境のこと。海外から視聴しても5−10秒程度の遅れで視聴ができます。


■ ストリーミング再生

今回のタイトルにもありますが、このストリーミング再生というのが意外とお分かりでない方も多いのではないでしょうか?ストリーミング再生というのはさらに2つにわけると

  • ライブストリーミング
  • 録画ストリーミング

と分ける事ができます。ライブストリーミングというのは上で述べたライブ視聴とほぼ同じ意味です。ライブ(生)の放送受信波をストリーミング(小川の流れのようにデータを流し受信する方法)にて再生するという事になります。このとき重要なポイントなのは録画は一切されないという点です。

録画ストリーミングというのは、これとはちょっと違いいったん録画した番組をストリーミング再生するというものです。ここで注意しなければならないのは録画されるのはあくまでも日本側であるということです。

どちらのケースもストリーミングというのは手元にはデータは残りません。つまり海外には何のデータも転送されない、見たら終わりという形式がストリーミングなのです。

またストリーミングの落とし穴は、回線依存ということ。つまりインターネット環境がなければストリーミングはできません。回線環境が低速であればカクカクと止まったり動いたりの繰り返しでやはり視聴する事ができないということです。

■ 録画転送

この機能があると録画を日本でしてからそれを転送(ダウンロード)が出来ます。つまり受け手側(海外側)でデータを手にする事が出来るのでいったんダウンロードしてしまえば、回線には依存しません。回線がない場所でも再生が可能です。

また、それらのデータをテレビで視聴したり、携帯メディアに転送したり、DVDに焼いたりという応用ができますので非常に便利です。

通常リビングのテレビで視聴する場合は、録画転送したファイルを再生する事が一般的です。もちろんストリーミングも再生できますが、回線依存のためよほど高速で安定した環境でない限りはかなり厳しいものがあるのが現実的です。

現時点での海外のネット環境は高画質でストリーミングが出来る程整っていないのが現状です。録画したものを転送できるという機能は海外在住者にとってはなくてはならない機能なのです。

WatchJTVのテレパソは上記すべての機能をたった1台のテレパソにすべて搭載しております。これ1台だけ日本に設置すれば後あとはずっと無料でお好きなだけご利用いただけます。月々の費用は一切不要。是非海外の快適生活のお供にご利用ください。

| トラックバック (0)

地上波デジタルを海外で視聴

Img_ix_model_2 これは大きな課題です。アメリカでは2009年とせまりいよいよ日本にもその波が押し寄せてきています。

もちろんWatchJTVのテレパソは地上デジタル波にも対応しておりますので地上波デジタルパッケージ(別途ご購入、来年発売予定)を設置していただくだけでライブ、ストリーミング、録画転送など地上波アナログ放送終了後も同様にご利用いただけます。仕組みは企業秘密ですので公開はできませんが、シリコンバレーには様々な最新のテクノロジーがありますので日々研究に研究を重ねている訳でございます。

今メディアではしきりに地デジでの切り替えを広告していますが2011年の7月11日になったからといって全くテレビが見られなくなる訳ではありませんので冷静な対処が必要だと思います。

2011年の7月11日に終了するのはアナログ波放送ではありません。地上波アナログ放送です。地上波アナログというのは屋根からとっているアンテナ経由のアナログ放送つまりケーブル会社でご利用のアナログ放送は中止される訳ではありません。ですから、地元のケーブル会社がアナログ放送を提供していればそのままでもご継続は全く可能です。(ケーブル会社によって終了時期が違いますので詳細は地元のケーブル会社にご確認ください。)

地上波デジタルについてはまだまだ先の見通しが見えておらずこの先どのような方向に進むかわかりません。下記の分布図を見ていただくと一目瞭然ですが、世界中で日本だけが(ピンク)。米国(ブルー)、ヨーロッパ(ミドリ)とメジャーな国に真っ向から逆らうかのように他国と違う規格にて日本はデジタル配信を行っております。その為今後の電化製品においてどのように変化していくかかなり混乱が予想されるところであります。

Be4d4041


| トラックバック (0)

任天堂DSでも日本のテレビ

日本の子供いまや一人1台は所持している任天堂DS。ゲームをするのは一般的ですが、この機器で日本のテレビ番組が視聴できます。WatchJTVのテレパソは、録画後 Easy DS 機能により録画ファイルをDSで再生できるフォーマットに自動変換。ダウンロードするだけで簡単にお手持ちのDSで再生できます。 いまお持ちのDSを2倍ご活用できます。 (動画を再生する為には動画を再生するプレーヤーが別途必要です。弊社では販売しておりませんが、アマゾンなどのサイトでご購入いただけます。)

| トラックバック (0)

海外のリビングで日本のテレビ視聴

Appletv_1 

AppleTV (アップルTV), Podcast (ポットキャスト),RSS対応。。。。最近ネット上でよく聞くキーワード。何のことやらわからない方も多いかもしれません。

AppleTVというのはテレビと誤解される方が多いのですが、テレビではありません。マッキントッシュ社からでている上ような機器で簡単に言えばコンピュータとテレビを無線でつなぐ非常に便利な機器です。

このAppleTVとWatchJTVのテレパソを組み合わせることによって海外に住んでいる人には驚きの効果を発揮します。(正直連携がうまくいったとき私自身も技術のすばらしさを感じました。)

どのように利用するのでしょうか?初心者にはいろいろ説明しても混乱するかもしれませんので簡単にどのようなことができるか要約してみます。

海外に住んでいる山田さん。日本の親戚宅にテレパソ(TV録画サーバー)を設置させてもらい渡航。電気代はわずか280円(1ヶ月24時間つけた場合)。低消費、消音テレパソです。場所もとらないので快く引き受けてもらいました。

<<山田さん(海外在住者)の活用法>>

まず海外のリビングのテレビにAppleTVをつなげ(世界共通ですのでどの国でもご利用いただけます。)AppleTV専用リモコンでリストをコントロールし日本のテレビをみています。

Appletv2_1

山田さんのすることは何もありません。海外のテレビをつけるとこのようなメニューが現れ日本で録画された番組がリストされリモコンひとつで視聴できるというわけです。

海外のテレビをつけているのみまるで日本のテレビを見ているような感覚にさえなります。

まずは下記の動画でどのような感じか見てみてください。


仕組みはこのようになります。 AppleTVというのは、お使いのコンピュータの中に保存されている動画データを無線でテレビに映し出すという機器です。つまりコンピュータと常に自動で通信し録画番組が転送されるとテレビのリストに追加してくれるのです。 お使いのコンピュータでテレパソへのアクセスを行い、番組の予約をします。このときテレパソではMP4形式を選択します。録画を完了すると RSS アイコンが規制されますのでこのアイコンをiTUNEのポッドキャストにドラッグするだけで設定は完了です。(設定詳細図入りはこちらから

初回このRSSの作業だけしておけば後は放置状態でOK!! 録画されたファイルがどんどんテレビの画面に映し出され、ただリビングのソファーにごろりと横になりリモコンで視聴したい番組を選ぶだけです。

いやはや。技術を応用するとここまで海外から日本の番組が快適に視聴できてしまうのです。テレパソはあなたの海外生活を120%快適にします。

詳しくはhttp://www.watchjtv.com まで

| トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2008年5月 »