« 2007年5月 | トップページ | 2008年4月 »

ロケフリは海外ユーザー向けか?

Winner_2毎月行っておりますWatchJTVのキャンペーン。4月の iPOD VIDEO 当選者は、USAにお住まいの西澤様ご一家でした。

西澤です。まさかの当選でびっくりしました。どうも有り難うございます。米国在住のロケフリ・ユーザーでしたが、回線インフラが思いの外充実しておらず、画像が悪くて結局活かせず仕舞いでいたところに、友人からテレパソを薦められたのがきっかけでした。

既に米国で生活を始めており、目の届かない本邦にテレパソ本体を設置することには、多少不安を覚えましたが、実際は、購入から設置に至るまで要所で進捗報告を頂き、安心して待つことができました。設置そのものも簡単でスムーズだったと設置先(実家)からも聞いています。

一方、PCや携帯メディアプレーヤーの各種設定については、ユーザーマニュアルを頼りに進めましたが、携帯メディアプレーヤーへの録画番組のダウンロードがうまくできず、小野寺さんの助けを得て解決することができました。ユーザーマニュアルは更にユーザーフレンドリーにできる余地があるという印象です。

テレパソは高画質な上、時間を選ばずに視聴できるので、話題のドラマや子供向け教育番組などで重宝しています。更に、携帯メディアプレーヤーとの併用で場所を選ばない機動力が増した上、自宅のテレビ画面での視聴も簡単にできるようになり、家族みんなで益々重宝しています。今回、IPOD VIDEOが当選したことにより、主人の通勤専用にも使えそうで、テレパソの活躍の場はもっと広がりそうです!

とコメントいただきました。西澤様もそうなのですが、多くの方がロケーションフリーが使えないという理由でご質問されてきます。せっかく買うのですからつけてみたけど使えないということがおきないよう、ロケーションフリーはなぜ海外では使えない人が多いのか?WatchJTVのテレパソならなぜ確実に使えるのか?という知識を身につけていただけるとよいと思います。

まずロケーションフリーでは、回線依存しているということが大きなポイントです。回線に依存するということは、インターネットがなければ視聴ができない。またはインターネットの速度が不安定であれば安定して視聴ができないということになります。

最近では多くの業者も登場しておりますが、これもちょっと微妙なところで業者に設置したから必ず設置できるというものではありません。日本の回線は普通のご自宅でも光ファイバーでしたらかなり高速です。ただ、海外の速度が遅いとまさにボトルネック(図の下の方をご覧ください)という現象が起こってしまうのです。

How_works_sony

ロケーションフリーでは、録画や保存ができません。録画ができるとうたっているのは、実は外付けのHDDを接続することにより録画ができるという意味なのです。ただこれもちょっと海外ユーザーには無理のあるもので、通常HDDというのは自宅で使うことを前提としていますので、録画のファイルサイズは膨大なサイズとなります。海外ユーザーはデータを転送しなければ視聴できませんのでファイルのサイズは高画質かつ最小サイズであるのが好ましいのです。

通常のHDDでは高画質ですがあまりにもデータが大きすぎるため転送という意味ではかなり大変なのが現実なのです。

WatchJTVのテレパソは海外の人が使うことを前提としてすべての機能を搭載しております。そのため録画した番組を転送(番組ファイル自体を転送)することが可能です。これは非常に重要な機能でして、回線が遅い地域にお住まいの方でもいったんダウンロードしてから視聴することができますので、止まることなく高画質にてお楽しみいただけるのです。

How_works_wjtv

もちろんデータも保存、編集、変換と自由自在ですから、お客様の利用用途によってさまざまなテレビ環境を構築していただけます。最近流行の Apple TV を海外のTVにつなげば、RSS 機能により iTuneを通して海外のテレビでまるで日本のテレビをみるかのような感覚でご利用いただけます。

またこのテレパソでは海外から視聴することのできないGyaoやヤフー動画といったようなインターネットTVもご利用いただけます。

今後コンピュータとテレビはますます距離が近づくことでしょう。WatchJTVでは、常に最新の機能を追加することにより、海外にお住まいの方により快適に、より使いやすいテレビシステムをお届けしてゆきます。

| トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2008年4月 »