« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »

世界最小PCテレパソ

Apple社から発売されているMac Mini。これに対抗したWindows 盤 Mini PCという機種がAOpenという会社から販売されています。これらの超小型コンピュータは今後のPCの形というものに革命をおこしそうな風潮です。

Small_system_1

どうですか?CDロムとほぼ同じ大きさのこの小ささ。なんとわずか1.4kg。手のひらに簡単にのります。いままでコンピュータといえばタワー型で場所をとり、埃がかぶってケーブルがからまって。。。と設置場所をコンピュータのために作らなければなりませんでした。しかし、この次世代のMini PC では、手のひらにのるわずかCD程度の大きさ。(上にCDをケースごとのせると同じくらいの大きさです。)今までのコンピュータの形、スタイル性というものを一気に覆す新デザインです。

このようなコンピュータが登場してしまうと、今まで使っていた馬鹿でかいタワー型のコンピュータへの興味は一気になくなりますね。(小さくても同機能が得られるのであれば消費電力量も極力低いコンピュータがよいにきまっていますから。。。。)

というわけで、WatchJTVではこのMiniPCでテレパソを構築できないものか?と眠れぬ夜を数ヶ月。。。。研究に研究を重ね業界初のテレパソシステムを完成させました。WatchJTVの録画システムはLinuxというOSで走るためこのような新機種でLinuxソフトを走らせるということは実は至難の業なのです。(Linux用のドライバーというものはサポートされていませんので、音が出ないとかビデオが映らないということがほとんどです。)

今回発表するIX-001システム。ほんとうにコンパクトでスタイリッシュ。これ1台で録画機能、ライブ視聴機能、ストリーミング再生機能、おまけにテレビだけでなくGyaOやヤフー動画といったようなネットTVも海外から視聴できるというすべて搭載の優れものです。

改めてみてください。この小ささ。(比較のためにモニターとマウスが写っていますが、テレパソ録画サーバーとしてご利用されるのでモニター、マウス、キーボードは不要です。)

Banner02

この小さいシステムを日本に設置することによってあとはすべてインターネットを経由し遠隔にて海外からファイル操作、TV録画操作を行うことができます。回線の遅い(中近東やベトナムなどの地域)地域でも転送機能により録画番組を転送してから海外側のPCで視聴することができるので、かくかくとまらず高画質で再生が可能です。

最新機種なのでもちろんテレパソが不要になった場合はWindows Vista搭載も可能。こんなスタイリッシュな機種なら長くお付き合いいただけるのではないでしょうか?

さあ、海外からこのブログを拝見されている方、これから海外赴任を予定されている方、快適なテレビ生活はWatchJTVが保障いたします。海外渡航には、パスポート、財布、そしてテレビもお忘れなく。。。。

WatchJTV がお届けする世界最小TV録画サーバー テレパソ IX-001 (www.watchjtv.com)

| トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »