« 2006年10月 | トップページ | 2007年2月 »

ホテルでも日本の番組視聴!

クリスマスも間近に控え、(とこれを発行する日にはクリスマスが終わってしまったが。。。)(アメリカでは街のあちらこちらでクリスマスソングが流れています。住宅街のイルミネーションも日に日に増え、今ではサンタや雪だるまなどをかたちどった飾りが街のあちらこちらでクリスマスムードを一層盛り上げています。

この時期バケーションでホテルやロッジで過ごす人も多いかもしれません。そんな移動時もWatchJTVのテレパソは大活躍。以前飛行機の機内でライブ視聴が成功した記事を書きましたが、今回はホテルからアクセスの実験をしてみました。

最近のホテルは大抵インターネットが使えますが、スピードはあまり期待できません。WatchJTV のテレパソはライブ視聴時のビットレート(データの量)を微調整できますので、遅いネットワークでもビット数を下げることで(データ量を減らす)視聴が可能になります。

実験したのはライブ視聴と録画ダウンロード。

ライブ視聴では、ビットレートを250(初期値)でカクカク(止まったり動いたりとスムーズ再生ではない)止まらず視聴可能でした。ただ、ホテルではネットワークをほかのお客さんと共有しているので時間帯によってはカクカクも発生する時間帯もありました。

実験用にロケーションフリーでも試してみましたが、やはり同様の結果。カクカクとしてしまいとてもみる気はおきませんでした。

カクカクの状態ではちょっと見る気がしなかったのでダウンロードを実行。(ここがWatchJTV 独自の機能で一番重要な点です。)遅い海外のインターネット環境では、ダウンロードしてファイルをコンピュータに保存してから視聴するという機能は非常に重要です。この方法でしたらどんなに遅い環境でもダウンロードさえしてしまえば、快適に視聴できるからです。

Coco_download_1

Hands一度ダウンロードしてしまえば、それこそインターネット回線がない場所でも視聴が可能になるわけで、非常に便利です。今回は携帯メディアプレーヤーを持参していったので、そちらに番組データを移動し自動車の中でも視聴できました。

2つの番組を同時ダウンロード設定し30分番組を30分程度でダウンロード完了。悪くない結果でした。イヤー。ホテルでも日本の番組がみれるって。本当にテクノロジーとはすごいものです。

| トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年2月 »