« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »

YouTubeって知っていますか?

カリフォルニアのシリコンバレーは最新のIT技術の発祥地。最近話題になっているのは、YouTube という会社。去年設立されたばかりの会社なのにアクセス数はうなぎのぼり。いったいどのようなサイトかというと、ユーザーが自分の持っている動画を自由にアップロードして公開するというもの。確かに今ではコピーライト(著作権)について問題になってきているのですが、あまりにも簡単にファイルをアップロードできるので世界中のすごい人数が利用中とか。

試しにキーワード検索でアンパンマンと検索すると、すごい。このようなサイトが続々とでてきました。

もっと調子に乗って今度は SMAP なんてキーワード入れてみました。

ちょっと気になる日本のテレビをチェックするには結構面白いサイトかもしれません。

| トラックバック (0)

世界での回線速度の実態

海外のインターネット環境は日本ほど整っていません

下記の統計は現在WatchJTVのテレパソご利用中の方々の日本-海外間の転送速度データを集計したものです。このデーターを利用してもし仮に回線依存の機器( 例) ロケーションフリー、Slingboxなど)を設置した場合、どの程度の画質でどの程度快適に海外からテレビを見れるのか検証してみました。

ロケーションフリーでは、利用速度最低推奨速度実測300kbpsという数字があるのですが、これはあくまでも回線速度が常に300kbps 必要になりという数字です。(結構勘違いしやすいのですが。)ですのでこれを下回ると画像が止まる(カクカクする)という現象が起こります。またこの最低速度300kbps での画質は中画質で実際にVHS3倍程度の画像程度で見たいということであれば最低実速度500kbpsは必要なことも覚えておくとよいと思います。(人間はだんだん贅沢になりますので : ) 見れた⇒より快適に見たいという気持ちに変化するものです。)

またインターネットの速度は山あり谷ありとなりますので(特に海外)、現実問題中画質で快適にみるには水色の400-599kbps 程度の速度は必要になると思います。 この速度はロケーションフリーの中画質での設定ですので、高画質で(文字まではっきりと読み取れる画質)ということであれば、間違いなく青い部分(600kbps以上)は必要になってきます。

つまり、海外ユーザーがロケーションフリーを導入し快適(カクカクとまることなく)に、高画質でテレビを海外から視聴できている人は47%程度だということです。ただしこのデータの数値はその日1日にアクセスした最高速度で集計しております。平均値ということで考えれば水色の17%の人もイエローゾーンに変わってきてしまうと思います。

-WatchJTVのユーザーデータより

Graph01_1 

海外でテレビを確実にそして快適に視聴することをめざす場合は、やはりデータを保存して転送できる機能というのは海外在住者には不可欠です。海外では停電、回線メインテナンスなどまだまだ先進国のネット事情とは大幅に違います。

WatchJTVのテレパソでは、ライブ視聴が難しいグラフの赤、黄色の部分の方でもビット数を下げることによって視聴することができます。また録画してから番組を転送できますので高画質で快適に視聴したい方でもそれは可能です。

録画してから転送すれば海外のどんなに遅い回線でも高画質で快適に視聴することができるのです。データーが残るというのは、非常に便利でUSBメモリーカードで持ち歩いたり、携帯メディアプレーヤーで持ち歩いたり、編集してDVDに保存したりと用途は広がります。

| トラックバック (0)

リビングでテレビを見る方法

テレパソ設置完了し使い方にもなれてくるといよいよ海外のテレビで視聴したくなるものです。テレビで視聴するにはいろいろな方法があるのですが、最近ではビデオカード付のノートパソコンがかなり多いのでテレビと直接接続する方法をご紹介しましょう。(ノートパソコンでなくてもデスクトップパソコンでも同様です)

Dsc009251 ノートパソコンでは音声出力が1つしかありません。テレビで視聴するには2つのスピーカー(左右)が必要ですので写真のようなコネクターで接続します。コネクターはWatchJTVで販売しております。



Dsc00927 つないだところです。これで音声部分は完了です。





Dsc00932 次は映像です。大抵のノートパソコンにはS端子というものがついていると思います。このS端子と黄色いコンポジットを変換する専用コネクターがありますのでそれで接続します。(専用コネクターはWatchJTVでもご購入いただけます。)



Dsc00936 ノートパソコンによっては接続位置が違いますがこんな感じになります。これで、黄色、白、赤すべての線がノートパソコンに接続されましたので反対の線をテレビにつなぎます。





Dsc00900 先ほどノートパソコンにつないだものと反対の部分をテレビの裏につなぎます。

 

 

Dsc00938 これでリビングのテレビで視聴できます。意外と簡単です。ただ、コネクターによっては映像がうまく映らなかったりピンの数が違うとうまく映らなかったりという問題もあるようですのでやはり専門家のアドバイスがあるとよりスムーズに行くと思います。

WatchJTVではテレビの視聴を快適にできるよう的確なアドバイスを差し上げております。テレビを視聴する環境は個人それぞれです。環境に合わせた適切なアドバイスで快適なテレビ生活を送って欲しいものです。

=====>>> 目次に戻る

« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »