日本のコンピュータにリモートアクセス

テレパソを設置するのは日本の両親宅。両親はあまりコンピュータが得意ではないので心配!そんな時に役に立つツールがあります。"Team Viewer" このソフトを日本のテレパソのある場所のコンピュータにインストールしておくと、海外からリモートで日本のコンピュータをアクセス出来る様になる便利なソフトです。

スクリーンショット 2014-04-24 午後1.48.14

Team Viewerをコンピュータにインストール

インストールは簡単。こちらのリンクからダウンロードして手順通りに進めてゆきます。(インストールは日本のコンピュータと海外のコンピュータにそれぞれインストールします。) インストールが完了したら、ソフトをひらきます。下記は日本で開いた画面です。開かれている画面からIDとパスワードをご両親に連絡してもらいます。(ソフトのショートカットをデスクトップに保存しておいておくと便利です。うちでは困ったときのアイコンクリックと呼んでいます。これをクリックすると両親はコンピュータをサポートしてもらえると理解しています。)  

team-viewer1

下記は海外側開いた画面です。先ほどの情報IDを入力して接続します。(パスワード画面がでてきますので、続いてパスワードを入力します。)

team-viewer-2

これで海外から日本のコンピュータのリモートアクセスが出来る様になります。ブラウザーを開いてテレパソのLAN IPをタイプすることでテレパソにアクセスができます。(動作確認として使えます。) または、ルーターのパスワードがわからない場合等、やはりブラウザーを開いてアドレスをタイプする事で確認ができます。

そればかりではなく、リモートからご両親のコンピュータの設定を直してあげたり、定期的なウィルススキャンが出来ているか等、お手伝いしてあげる事もできます。

ただこの方法ですと、日本のコンピュータでTeam Viewerのアイコンをクリックする人が必要となってしまいます。無人のご自宅などでは上手くアクセスが出来ないことになります。

そのような場合でももう一つの方法があります。

ThinVPNというソフトを同様に日本と海外に入れておく事で今度はテレパソを経由してアクセスが出来る様になります。

ThinVPNソフトで日本のご両親のサポートに挑戦! のリンクよりご説明いたします。

海外にお住まいのかたでも遠く離れた日本のご両親のコンピュータをサポートする事ができます。ご年配の方はコンピュータの進化のスピードについてゆけない方も多いのが現状です。海外に住むことになっても十分に親孝行ができるので是非チャレンジしてみてください。

海外から日本のテレビを丸ごと視聴できます。HDテレパソ好評発売中!







| トラックバック (0)

海外から日本のテレビが快適にみれる理由

本当に海外からテレビがみれるのか?まだ信じられない方も多いかもしれません。ストリーミングのようなファイルを回線に流すだけの再生方法では、実際に海外からは快適には視聴出来ないのが現状です。なぜなら海外の回線は非常に低速で不安定な為です。日本から遥か彼方海外迄海底ケーブルを通ってデータを送るわけですからその途中に障害があればたちまち視聴が出来なくなります。



そのような環境でもテレパソでは確実に海外から高画質を視聴する事ができます。一体どのような仕組みなのかテレパソで海外から快適にテレビが視聴できる詳しい仕組みをご紹介します。 まず日本側では地デジチューナーボックスからシグナルを受信します。そのシグナルをキャプチャーボックスを経由させインターネットで視聴が出来るフォーマットに変換します。取り込まれたファイルはテレパソ(コンピュータ本体)でインターネットにつなぎます。


hd-shikumi

海外からは、お使いのコンピュータでテレパソにアクセスし録画ファイルをダウンロード。海外のテレビにAppleTVをつければ日本の地デジチューナーボックスから海外のTVまでがすべてつながるというわけです。

  transfer

この仕組みはインターネットのある場所であれば世界中どこからでもご利用いただけます。日本の設置場所さえ固定すればアクセス側は自由です。まさにアンテナを持ち運べるといった録画サーバーです。 テレビ録画サーバーというのは本来構築するのは非常に難しく、簡単に運用出来るものではありませんがその技術をコンピュータ初心者でも使えるようにしております。日本では物理的接続さえしていただければ後は海外側はPC(ipad,iPhone,アンドロイド機器)ですべてのコントロールが可能です。 HDテレパソでは、画質が日本で視聴するのと変わらない画質でご利用いただけると大好評をいただいております。


  person
設置が完了してから1週間が経ちます。HDテレパソ、快調です。画像は本当にきれいでびっくりしました。この綺麗さだと日本で見るテレビと変わりませんね。大満足です。いろいろとサポートありがとうございました。

HDテレパソでは、録画した番組をDVDなどに焼いたり、USBに保存したりする事も可能です。地デジの画質を保ちながら出力するD端子(コンポーネント出力)は、高画質のままアナログシグナルとして保存ができますので、HDのコピーワンス制限やムーブ制限がなく取り扱いが非常にしやすいのです。

地デジHDの録画はファイルサイズが膨大なためその保存方法が最大の課題になっています。またHD録画はHDMIケーブルから送られるシグナルで色々な制限がある為に海外からの視聴はおろか、自宅内でのファイルの移動も大変です。

またDVDに焼く等という事も一切できません。D端子出力というのはHD画質をアナログ出力できるという便利な端子なのです。 テレビ番組をファイル化できるので高画質のまま永久保存もコンパクトにできます。

日本帰国後も大変重宝する1台になると思います。テレパソサーバーシステム、家電ではできない様々な技術がご利用いただけるシステムです。 価格は海外から視聴ができないテレビやブルーレイディスクレコーダーよりずっとお得です。世界に1台しかないテレパソシステム。ベンチャー企業が海外在住社の為に開発したシリコンバレーからお届けいたします。

お問い合わせはこちらより。  


| トラックバック (0)

iTunesの機能徹底解説

 

テレパソは日本に設置をし海外にテレビを持ち出す事ができるテレビ録画サーバーです。前回の記事では、お使いのコンピュータからWEBベースでアクセスする手順をご紹介しましたが、今回はiTuneという優れたソフトを使いテレパソのある日本から自分の海外のコンピュータに自動で録画ファイルを転送する方法をご紹介します。

 

iTuneというソフトは一般的に音楽のファイルをiPhoneに同期して利用するという方法が主流なのですが、テレパソと連携させると実はすごい便利な活用ソフトとして利用する事ができるのです。

 

回線の比較的遅いとされるハワイで実験してみました。まずマックまたはPCにiTuneソフトをインストールして開いてみます。左側にポッドキャスト(Podcast)と書いてある項目をクリックすると下記のような画面になります。

 

itune-empty

 

初回は空っぽです。ポッドキャストというのはラジオ番組などで自動で番組が更新され番組登録しておけばiTuneに自動でダウンロードされてくるという便利な機能なのですが、あまり日本で使う機会はないかもしれません。そのポッドキャスト機能をテレパソでは利用します。

 

まずは仕組みですが、テレパソにはポッドキャストサーバーという機能がついています。その為テレパソで日本の番組を録画するとiTuneが自動で探知。登録したコンピュータに自動転送をしてくれるというものです。

 

getimage-5

 

上のiTuneというアイコンは海外のコンピュータにインストールされているiTuenソフトです。iTuneソフトはテレパソと自動で通信が出来る他、テレビとつなぐAppleTVとも自動で通信ができます。これを利用すると日本のテレビをiTuneを通じてハワイのテレビに出力するというめちゃくちゃ便利な事が出来るようになるのです。

 

itune-register

 

テレパソとiTuneの登録はめちゃくちゃ簡単です。テレパソにログインをしてWEBでテレパソの画面を開きます。オレンジのアイコンがありますのでそれをギューッと引っ張ってきて自分のコンピュータ内のiTuneに移動するだけ。これだけで登録完了です。(たったこれだけで日本のテレパソとハワイのiTuneがつながります。)

 

ハワイの自宅のテレビには、AppleTVという機器をHDMIケーブルでつなぎます。これだけでハワイのiTuneとテレビが通信出来る様になるのです。 これがAppleTVです。そしてこのリモコンで操作ができます。

 

apple-tv-gear-patrol11

 

これでハワイのiTuneとテレビがつながったことになります。つまり復習しますと、日本の自宅にあるテレパソとハワイにあるiTuneさらには、ハワイのリビングにあるテレビが1つにつながったということになります。これでどのような事が起きるかと言いますと。。。。

 

テレビで視聴

 

このようにハワイのテレビをつけると日本から自動でiTuneに転送されてきた番組がハワイのテレビに一覧で映し出されます。後はAppleTVの専用リモコンで選んでみる。ただそれだけでハワイのリビングが日本のお茶の間になります。

 

hd-download

 

前回のブログでも説明した通り、iTuneソフトは録画終了後自動でダウンロードがされてきますので、一度登録してしまえば何もする必要はありません。

 

ダウンロード時間もハワイの環境で30分番組たったの4分!(お使いの回線速度、テレパソ設置場所での環境に依存します。)ファイルはダウンロードしてしまいますので、高画質のまま回線を切っても視聴ができるのが最大の利点です。

 

基本的にiTune内に取り込まれたすべての番組がいつでも見たい時にハワイのテレビからみれるなんてこれほどの贅沢はありません。海外のテレビはスペースもあってか大きいのが主流ですが、テレパソでは日本と同様1920x1080の最高画質まで録画できますから、海外側のリビングのテレビは80インチでも余裕の高画質で視聴が出来ることになります。

 

お問い合わせは、こちらまで http://www.watchjtv.com/contact/

| トラックバック (0)

ハワイからHD高画質のダウンロードをしてみた

 

アロハー!楽園ハワイにやってきました。インターネットの回線は年々高速になってきているもののやはりまだまだ日本の高画質を楽しむ事は難しいのが海外での現状です。そこで今回はシリコンバレーを抜け出し、アメリカ国内で回線が悪いだろうと予想されるハワイのインターネットでテレビが見れるか実験してみたいと思います。今回は新型HDテレパソを日本に設置し、ハワイでどのような動作になるかご報告します。

 

まずは速度チェックから。ハワイのインターネットはタイムウォーナーというケーブル会社が主流です。プランはUltimate50というプランを選択。(日本に比べて低速で高額なのがお分かりでしょうか?)

 

timewaner50

 

http://www.timewarnercable.com/en/internet/internet-service-plans.html

 

左側はハワイのケーブル会社タイムウォーナーが提供している速度チェック。島の中ではまずまずの速度がでるようです。50Mですので悪くありません。ただし、テレパソ日本にありますので実際にこの速度が出るという事にはならない点。意外に知らない方多いのです。

 

hawaii-network-hikaku

 

テレパソは日本に設置しておりますので、実際の速度は日本にある速度チェッカーでハワイから測定する必要があります。USENの速度チェッカーでチェックするとどうでしょう。50Mあった速度が3M迄落ちてしまいます。国際線なのでこの点を知っておくのが重要な点です。現地で50Mあるから日本とのアクセスも50Mでるという単純な事にはならないのです。

 

というわけで、3M程度の速度が出る環境で利用するということになります。ただしこの3Mですが常に3Mでているというわけでありません。波形で動きますので3M−1M程度で速度が上下する可能性があるという事になります。

 

mac-1

 

お使いのコンピュータにテレパソの接続アイコンをインストールしてテレパソにつなぎます。たったこれだけで、ハワイから日本のテレパソにつながります。パスワードはいれません。特殊な暗号キーシステムを利用するのでアイコンをクリックするだけで簡単に接続が出来てしまいます。

 

login_success

 

次に、ブラウザーを開きアドレスバーに http://localhost:8080 という文字をタイプします。不思議な事にこれだけで日本のテレパソにアクセスが出来てしまうのです。簡単ですよね。

 

hd-home

 

テレパソはすべて今お使いの機器のブラウザーでアクセスができます。電源のいれなおしから、チューナーの電源のいれなおしはもちろん、録画予約、ライブ視聴まですべてこのウェブからクリックして利用する事ができるのです。

 

早速ライブ視聴をしてみます。

 

live-hd

 

ライブ視聴のアイコンをクリックするだけでライブ視聴が出来る様になります。

 

hd-live

 

マックでご利用であれば、このままAirPlayで無線でテレビに出力もできてしまいますのでテレビで見るのも便利です。(テレビにAppleTVをつないでご利用いただけます。)

 

時差があわないのであまり面白い番組はやっていなかったので、録画した番組をみる事にします。

 

hd-itune

 

iTuneという無料のソフトとテレパソを登録することで、iTuneソフトが自動でテレパソをチェックして新しく録画された番組を自分のコンピュータに自動でダウンロードしてくれます。これはめちゃくちゃ便利な機能です。 知らない間にこんなにサクサクとダウンロードされてきました。ちなみにこのハワイの回線で30分の番組ダウンロードしたところたったの4分で完了!

 

hd-download

 

録画のサイズはいろいろ選べるので、回線の環境にあわせて録画サイズを変更するとダウンロードの速度も調整出来ると思います。(大きく録画すればダウンロードの時間がかかります。小さく録画すればダウンロードの時間が短縮されます。) hd-setting

 

たった4分なら、日本で設置していたブルーレイディスクレコーダーの"お出かけ転送機能"でiPhoneコピーするのと変わらない感覚です。(インターネット上でお出かけ転送機能が使えてしまう感覚です。)ダウンロードしたファイルはハワイにあるわけですから、他のiPhoneやiPadにコピーも簡単。回線がなくても持ち歩けます。

 

iTuneに表示されるAirPlayのアイコン。海外の自宅のテレビにAppleTVがついていると自動で表示されます。これをクリックすればテレビで視聴出来てしまうのです。(ダウンロードされているファイルの再生なので、膨大な1920x1080の番組でも超快適にテレビで再生できます。回線は不要です。)

 

というわけで、めちゃくちゃ便利にハワイで日本のテレビをしかも高画質で視聴出来る環境が出来てしまったというわけです。

 

iTuneソフトは、30分おきに日本のテレパソに新着録画がないか自動で確認してくれますから後は放っておけばOK。ただし、コンピュータのモニターは消しても結構ですが、スリープモードにならないよう要注意。テレパソの接続画面は最小にしておいてもよいので常に繋げたままでiTuneも繋げたままにしておく事で自動でコンピュータが処理をしてくれます。

 

 

次回はiTuneの機能徹底解説!ハワイから引き続きレポートします。

 

海外在住社の必須アイテムHDテレパソ。好評発売中!

 

http://www.watchjtv.com/shopcart

 

 

| トラックバック (0)

自宅のテレビを世界中で観られる テレパソ

 

海外の回線は、日本で想像以上に低速なのが現状です。(こちらの記事をご参照ください。)弊社のお客様の実際のデータを集計しましたところ、なんと78%の方がストリーミング再生がスムーズに出来ない環境です。(現行の実際に海外に在住している弊社テレパソユーザーからの統計による)

 

そんな環境の中、動画という重いデータを毎日海外から快適に視聴するには、データがどのように送られているか?という簡単な仕組みを知るとよいと思います。(出張で1週間程度ちょっと視聴出来ればいいという利用用途とは違い、海外在住される場合は、毎日快適に視聴する環境を構築したいものです。)

 

海外から自宅のテレビを視聴するには大きく分けて2つの方法がございます。1つは回線速度に依存するストリーミング再生。インターネット回線がなければ視聴が出来ない方法です。この方法では手元にファイルは残りません。もう1つの方法は、番組ファイルをダウンロードしてから視聴する方法です。ダウンロード中は視聴ができませんが手元に番組がファイルとして残ります。

 

download2

 

日本国内であればさほど問題はないのですが、海外からの視聴は回線環境が非常に不安定かつ低速ですので回線速度に頼るストリーミング再生というのは実はあまり使い勝手のよいものではありません。(弊社のテレパソは、ストリーミング再生とダウンロード再生の2種類ご利用いただけますが、現行ユーザーの殆どがダウンロード視聴でご利用されております。)ストリーミング再生では、テレビを見るたびに回線を利用しなければならず、例えばオーストラリアなどではまだ従量制でご利用の方もおられますので、データをストリーミングすればする程、インターネット回線料金が高くなってしまいます。ストリーミング再生は常に回線を使うので海外では様々な不利点があげられます。

 

ストリーミング再生の不利点:

 

1. 回線の速度によって画質が変わってしまう。

 

2. 回線が追いつかずカクカク止まってしまう。

 

3. 1台につき1機種でしか視聴できない。

 

4. 回線を占有する為、同じ自宅内で利用しているインターネットの速度が遅くなる。

 

5. 高額なパケット料金がかかってしまう。

 

海外(アメリカ)では、日本とは違いデータ無制限無料という時代は既に終わっています。以下はiPhoneのAT&Tのプランです。データ無料というプランはなく、最高で50GB。しかしこのお値段!月々$415ドル(4万円以上)です。

 

つまり、海外ではストリーミング再生はかなりのお金の無駄遣いになってしまうのです。

 

att

 

しかし、テレパソのもう一つの機能であるダウンロード視聴を利用すれば、たった1回ダウンロードするだけでファイルとして保存出来るためあとは回線なしで何度でも無料で再生ができるのです。ダウンロードされたファイルは複数の機種で同時再生もできます。

 

download-desktop

 

例えばお母さんが昼間にドラマを見て、お父さんが同じドラマを夜に見ても回線に一切負担がかかる事なく何度でも視聴ができます。またファイルをテレビライブラリーとして、保存、編集も可能なのです。

 

download3

 

 

ダウンロード再生の利点:

 

1. 画質は常に高画質で視聴ができる。

 

2. カクカク止まることなく確実にスムース再生ができる。

 

3. 何台の機器でも視聴ができる。

 

4. 回線を使うのは1回きりなので従量制のインターネット環境でも回線負担が少ない。

 

5. 回線のない飛行機の機内やつながりにくい建物の中、地下鉄等でも再生に全く問題がない。

 

海外に長期滞在される場合は、日本のご自宅にテレパソを設置していただきますと海外で快適なテレビ生活を送る事ができます。

 

なにかご質問がございましたらこちら迄ご相談ください。

| トラックバック (0)

«消費税なし!最新テレパソ