iTunesの機能徹底解説

 

テレパソは日本に設置をし海外にテレビを持ち出す事ができるテレビ録画サーバーです。前回の記事では、お使いのコンピュータからWEBベースでアクセスする手順をご紹介しましたが、今回はiTuneという優れたソフトを使いテレパソのある日本から自分の海外のコンピュータに自動で録画ファイルを転送する方法をご紹介します。

 

iTuneというソフトは一般的に音楽のファイルをiPhoneに同期して利用するという方法が主流なのですが、テレパソと連携させると実はすごい便利な活用ソフトとして利用する事ができるのです。

 

回線の比較的遅いとされるハワイで実験してみました。まずマックまたはPCにiTuneソフトをインストールして開いてみます。左側にポッドキャスト(Podcast)と書いてある項目をクリックすると下記のような画面になります。

 

itune-empty

 

初回は空っぽです。ポッドキャストというのはラジオ番組などで自動で番組が更新され番組登録しておけばiTuneに自動でダウンロードされてくるという便利な機能なのですが、あまり日本で使う機会はないかもしれません。そのポッドキャスト機能をテレパソでは利用します。

 

まずは仕組みですが、テレパソにはポッドキャストサーバーという機能がついています。その為テレパソで日本の番組を録画するとiTuneが自動で探知。登録したコンピュータに自動転送をしてくれるというものです。

 

getimage-5

 

上のiTuneというアイコンは海外のコンピュータにインストールされているiTuenソフトです。iTuneソフトはテレパソと自動で通信が出来る他、テレビとつなぐAppleTVとも自動で通信ができます。これを利用すると日本のテレビをiTuneを通じてハワイのテレビに出力するというめちゃくちゃ便利な事が出来るようになるのです。

 

itune-register

 

テレパソとiTuneの登録はめちゃくちゃ簡単です。テレパソにログインをしてWEBでテレパソの画面を開きます。オレンジのアイコンがありますのでそれをギューッと引っ張ってきて自分のコンピュータ内のiTuneに移動するだけ。これだけで登録完了です。(たったこれだけで日本のテレパソとハワイのiTuneがつながります。)

 

ハワイの自宅のテレビには、AppleTVという機器をHDMIケーブルでつなぎます。これだけでハワイのiTuneとテレビが通信出来る様になるのです。 これがAppleTVです。そしてこのリモコンで操作ができます。

 

apple-tv-gear-patrol11

 

これでハワイのiTuneとテレビがつながったことになります。つまり復習しますと、日本の自宅にあるテレパソとハワイにあるiTuneさらには、ハワイのリビングにあるテレビが1つにつながったということになります。これでどのような事が起きるかと言いますと。。。。

 

テレビで視聴

 

このようにハワイのテレビをつけると日本から自動でiTuneに転送されてきた番組がハワイのテレビに一覧で映し出されます。後はAppleTVの専用リモコンで選んでみる。ただそれだけでハワイのリビングが日本のお茶の間になります。

 

hd-download

 

前回のブログでも説明した通り、iTuneソフトは録画終了後自動でダウンロードがされてきますので、一度登録してしまえば何もする必要はありません。

 

ダウンロード時間もハワイの環境で30分番組たったの4分!(お使いの回線速度、テレパソ設置場所での環境に依存します。)ファイルはダウンロードしてしまいますので、高画質のまま回線を切っても視聴ができるのが最大の利点です。

 

基本的にiTune内に取り込まれたすべての番組がいつでも見たい時にハワイのテレビからみれるなんてこれほどの贅沢はありません。海外のテレビはスペースもあってか大きいのが主流ですが、テレパソでは日本と同様1920x1080の最高画質まで録画できますから、海外側のリビングのテレビは80インチでも余裕の高画質で視聴が出来ることになります。

 

お問い合わせは、こちらまで http://www.watchjtv.com/contact/

| トラックバック (0)

ハワイからHD高画質のダウンロードをしてみた

 

アロハー!楽園ハワイにやってきました。インターネットの回線は年々高速になってきているもののやはりまだまだ日本の高画質を楽しむ事は難しいのが海外での現状です。そこで今回はシリコンバレーを抜け出し、アメリカ国内で回線が悪いだろうと予想されるハワイのインターネットでテレビが見れるか実験してみたいと思います。今回は新型HDテレパソを日本に設置し、ハワイでどのような動作になるかご報告します。

 

まずは速度チェックから。ハワイのインターネットはタイムウォーナーというケーブル会社が主流です。プランはUltimate50というプランを選択。(日本に比べて低速で高額なのがお分かりでしょうか?)

 

timewaner50

 

http://www.timewarnercable.com/en/internet/internet-service-plans.html

 

左側はハワイのケーブル会社タイムウォーナーが提供している速度チェック。島の中ではまずまずの速度がでるようです。50Mですので悪くありません。ただし、テレパソ日本にありますので実際にこの速度が出るという事にはならない点。意外に知らない方多いのです。

 

hawaii-network-hikaku

 

テレパソは日本に設置しておりますので、実際の速度は日本にある速度チェッカーでハワイから測定する必要があります。USENの速度チェッカーでチェックするとどうでしょう。50Mあった速度が3M迄落ちてしまいます。国際線なのでこの点を知っておくのが重要な点です。現地で50Mあるから日本とのアクセスも50Mでるという単純な事にはならないのです。

 

というわけで、3M程度の速度が出る環境で利用するということになります。ただしこの3Mですが常に3Mでているというわけでありません。波形で動きますので3M−1M程度で速度が上下する可能性があるという事になります。

 

mac-1

 

お使いのコンピュータにテレパソの接続アイコンをインストールしてテレパソにつなぎます。たったこれだけで、ハワイから日本のテレパソにつながります。パスワードはいれません。特殊な暗号キーシステムを利用するのでアイコンをクリックするだけで簡単に接続が出来てしまいます。

 

login_success

 

次に、ブラウザーを開きアドレスバーに http://localhost:8080 という文字をタイプします。不思議な事にこれだけで日本のテレパソにアクセスが出来てしまうのです。簡単ですよね。

 

hd-home

 

テレパソはすべて今お使いの機器のブラウザーでアクセスができます。電源のいれなおしから、チューナーの電源のいれなおしはもちろん、録画予約、ライブ視聴まですべてこのウェブからクリックして利用する事ができるのです。

 

早速ライブ視聴をしてみます。

 

live-hd

 

ライブ視聴のアイコンをクリックするだけでライブ視聴が出来る様になります。

 

hd-live

 

マックでご利用であれば、このままAirPlayで無線でテレビに出力もできてしまいますのでテレビで見るのも便利です。(テレビにAppleTVをつないでご利用いただけます。)

 

時差があわないのであまり面白い番組はやっていなかったので、録画した番組をみる事にします。

 

hd-itune

 

iTuneという無料のソフトとテレパソを登録することで、iTuneソフトが自動でテレパソをチェックして新しく録画された番組を自分のコンピュータに自動でダウンロードしてくれます。これはめちゃくちゃ便利な機能です。 知らない間にこんなにサクサクとダウンロードされてきました。ちなみにこのハワイの回線で30分の番組ダウンロードしたところたったの4分で完了!

 

hd-download

 

録画のサイズはいろいろ選べるので、回線の環境にあわせて録画サイズを変更するとダウンロードの速度も調整出来ると思います。(大きく録画すればダウンロードの時間がかかります。小さく録画すればダウンロードの時間が短縮されます。) hd-setting

 

たった4分なら、日本で設置していたブルーレイディスクレコーダーの"お出かけ転送機能"でiPhoneコピーするのと変わらない感覚です。(インターネット上でお出かけ転送機能が使えてしまう感覚です。)ダウンロードしたファイルはハワイにあるわけですから、他のiPhoneやiPadにコピーも簡単。回線がなくても持ち歩けます。

 

iTuneに表示されるAirPlayのアイコン。海外の自宅のテレビにAppleTVがついていると自動で表示されます。これをクリックすればテレビで視聴出来てしまうのです。(ダウンロードされているファイルの再生なので、膨大な1920x1080の番組でも超快適にテレビで再生できます。回線は不要です。)

 

というわけで、めちゃくちゃ便利にハワイで日本のテレビをしかも高画質で視聴出来る環境が出来てしまったというわけです。

 

iTuneソフトは、30分おきに日本のテレパソに新着録画がないか自動で確認してくれますから後は放っておけばOK。ただし、コンピュータのモニターは消しても結構ですが、スリープモードにならないよう要注意。テレパソの接続画面は最小にしておいてもよいので常に繋げたままでiTuneも繋げたままにしておく事で自動でコンピュータが処理をしてくれます。

 

 

次回はiTuneの機能徹底解説!ハワイから引き続きレポートします。

 

海外在住社の必須アイテムHDテレパソ。好評発売中!

 

http://www.watchjtv.com/shopcart

 

 

| トラックバック (0)

自宅のテレビを世界中で観られる テレパソ

 

海外の回線は、日本で想像以上に低速なのが現状です。(こちらの記事をご参照ください。)弊社のお客様の実際のデータを集計しましたところ、なんと78%の方がストリーミング再生がスムーズに出来ない環境です。(現行の実際に海外に在住している弊社テレパソユーザーからの統計による)

 

そんな環境の中、動画という重いデータを毎日海外から快適に視聴するには、データがどのように送られているか?という簡単な仕組みを知るとよいと思います。(出張で1週間程度ちょっと視聴出来ればいいという利用用途とは違い、海外在住される場合は、毎日快適に視聴する環境を構築したいものです。)

 

海外から自宅のテレビを視聴するには大きく分けて2つの方法がございます。1つは回線速度に依存するストリーミング再生。インターネット回線がなければ視聴が出来ない方法です。この方法では手元にファイルは残りません。もう1つの方法は、番組ファイルをダウンロードしてから視聴する方法です。ダウンロード中は視聴ができませんが手元に番組がファイルとして残ります。

 

download2

 

日本国内であればさほど問題はないのですが、海外からの視聴は回線環境が非常に不安定かつ低速ですので回線速度に頼るストリーミング再生というのは実はあまり使い勝手のよいものではありません。(弊社のテレパソは、ストリーミング再生とダウンロード再生の2種類ご利用いただけますが、現行ユーザーの殆どがダウンロード視聴でご利用されております。)ストリーミング再生では、テレビを見るたびに回線を利用しなければならず、例えばオーストラリアなどではまだ従量制でご利用の方もおられますので、データをストリーミングすればする程、インターネット回線料金が高くなってしまいます。ストリーミング再生は常に回線を使うので海外では様々な不利点があげられます。

 

ストリーミング再生の不利点:

 

1. 回線の速度によって画質が変わってしまう。

 

2. 回線が追いつかずカクカク止まってしまう。

 

3. 1台につき1機種でしか視聴できない。

 

4. 回線を占有する為、同じ自宅内で利用しているインターネットの速度が遅くなる。

 

5. 高額なパケット料金がかかってしまう。

 

海外(アメリカ)では、日本とは違いデータ無制限無料という時代は既に終わっています。以下はiPhoneのAT&Tのプランです。データ無料というプランはなく、最高で50GB。しかしこのお値段!月々$415ドル(4万円以上)です。

 

つまり、海外ではストリーミング再生はかなりのお金の無駄遣いになってしまうのです。

 

att

 

しかし、テレパソのもう一つの機能であるダウンロード視聴を利用すれば、たった1回ダウンロードするだけでファイルとして保存出来るためあとは回線なしで何度でも無料で再生ができるのです。ダウンロードされたファイルは複数の機種で同時再生もできます。

 

download-desktop

 

例えばお母さんが昼間にドラマを見て、お父さんが同じドラマを夜に見ても回線に一切負担がかかる事なく何度でも視聴ができます。またファイルをテレビライブラリーとして、保存、編集も可能なのです。

 

download3

 

 

ダウンロード再生の利点:

 

1. 画質は常に高画質で視聴ができる。

 

2. カクカク止まることなく確実にスムース再生ができる。

 

3. 何台の機器でも視聴ができる。

 

4. 回線を使うのは1回きりなので従量制のインターネット環境でも回線負担が少ない。

 

5. 回線のない飛行機の機内やつながりにくい建物の中、地下鉄等でも再生に全く問題がない。

 

海外に長期滞在される場合は、日本のご自宅にテレパソを設置していただきますと海外で快適なテレビ生活を送る事ができます。

 

なにかご質問がございましたらこちら迄ご相談ください。

| トラックバック (0)

消費税なし!最新テレパソ

皆さんは、テレビを見る時どの様に視聴していますか? blueray

リビングにテレビ。その下にブルーレイディスクレコーダーをセットし、ソファーに座って視聴されていますか? もしくは、このように


J0000008472


コンピュータにテレビチューナーがついているテレパソで視聴されている方も多いかもしれません。 どちらの視聴方法も、機器の前にご自身が行かなければなりません。つまり自宅にいないとテレビの視聴ができないのです。急に海外赴任が決まったり、海外転職したりと日本を離れれば全くテレビが見れなくなるのです。これって不便じゃありませんか? テレビのシステムを丸ごと持ち歩けたら便利ですよね?それを可能にするのがWatchJTVのテレパソです。


u1


テレパソは3機からなり、地デジチューナーボックスで地デジを取り込み、TVアンテナボックスでアンテナ線をインターネットで運べる形式に変換。テレパソに取り込みインターネットで全てを管理する事ができる、業界唯一のテレビ録画サーバーシステムです。

telepas-notax


今迄の常識を根底から覆し、家の外に出れなかったアンテナシグナルをインターネットにのせて海外から操作出来る様になります。 最高画質の1920 x 1080 のHD画質も海外からお楽しみいただけるようになります。海外で利用するには回線の速度が重要になりますが、テレパソでは回線速度は気にする必要はありません。データを丸ごと海外に転送出来るのです。転送してから視聴することで回線の遅い海外でも回線従量制の海外でも安心して高画質でご利用いただけます。 今お使いのiPad, iPhone, アンドロイド機器でご自宅のテレビ録画サーバーを完全操作で切る様になります。

ipad-yoyaku

海外でお使いのテレビで日本のHDをみる事が出来る様になります。

テレビで視聴




海外からアクセスできないHuluやラジコ等のサイトもVPN機能でアクセスが出来る様になります。



hulu-no-access


消費税はかかりません。海外の必需品です。

http://www.watchjtv.com/shopcart






| トラックバック (0)

ブルーレイディスクレコーダーとテレパソの違い

 

ご家庭でテレビを見る場合は、おおよそテレビの下にブルーレイディスクレコーダーやハードディスクレコーダー、さらにはDVDレコーダー等録画をするための機器がテレビにつながれているのが一般的だと思います。最近はHDの高解像から録画ファイルの容量が膨大になり、外付けでUSBのハードドライブなどを取り付けて利用するというパターンもございます。

 

しかしこれらのデータはすべて自宅でしかみる事ができません。なぜならば録画用のディスクレコーダーは記録をするチューナーに過ぎないからです。

 

WatchJTVのテレパソは、この不便な環境を一変する事ができます。

 

nagare

 

こちらの図をご覧いただきますと理解しやすいと思いますが、日本で受信した地デジのシグナルはあくまでもアンテナシグナルになりますので、インターネットでは理解ができません。そこでインターネットで理解できる形式にした上でテレパソに転送。その為インターネット経由でどこからでもテレビを視聴する事が出来る様になるわけです。

 

iPad, iPhone, アンドロイド機器,コンピュータ、AppleTVこれらの機器はすべてインターネットでつながる機器です。アンテナシグナルを一旦インターネットシグナルに換えてしまえば、インターネットが使える機器すべてがテレビに変化します。

 

ブルーレイディスクレコーダーやテレビはスマートディバイスやコンピュータとは通信ができませんが、これらの機器をテレパソ一式に置き換える事でテレビシグナルをインターネットで操れる環境を構築できます。

 

例えば、自宅の外(国内、海外問わず)からiPadでリアルタイムでテレビをみたい場合。

 

IMG_1150

 

こんな感じで、リアルタイムもできれば、録画したファイルをダウンロードして視聴する事も可能に。

 

ipad_mini

 

例えば、海外の大画面テレビで視聴したい場合は、

 

テレビで視聴

 

このようにAppleTVをテレビにつなぎ簡単に視聴が出来る様になります。

 

ブルーレイディスクレコーダーとテレビのセットとは違い、テレビを視聴する場所を限定される事はありません。

 

また従来のロケーションフリーなどのようなストリーミング再生専用機器と違い、録画したファイルを自動転送できますので回線を切った状態で何度でも視聴ができます。録画ファイルはお手元に残りますので編集も保存も自由自在です。高画質のテレビ録画を永久保存できます。

 

気になる画質ですが、1920x1080の録画ファイルサイズでブルーレイディスクレコーダーでも利用されているH.264の圧縮技術をテレパソに搭載することでHDの高画質なのに、大幅に圧縮できるようになりました。この事で今迄回線がネックになっていた海外でも日本で視聴する画質と変わらないHD画質を海外からお楽しみいただけます。録画画質のサイズは、回線に応じて調整が可能。

 

hd-setting

 

こんなにサイズが選べます。(一番小さいサイズでもHD画質で視聴ができます。)

 

さらにリアルタイム視聴では今主流のHLSストリーミング技術で綺麗な画質のまま転送する事に成功。綺麗なストリーミング再生でご利用いただけます。

 

streaming

 

回線に応じてデータ量を調整することでスムーズ再生が可能です。

 

日本で利用できる最高画質1920 x 1080 を録画転送出来るシステムは世界でもWatchJTVのテレパソだけです。画質が超綺麗ですので帰国後もブルーレイディスクレコーダーより便利に利用できます。

 

 

今月はVPNサーバー機能($100)、PLEXサーバー機能($100)が無料でついてくる他、さらに$200ドル割引でご提供いたしております。今お持ちのiPad, iPhone, アンドロイド機器,コンピュータから海外でお使いのテレビですべて日本のHD画質が視聴出来る様になります。詳しくは、

 

http://www.watchjtv.com よりご相談ください。

 

april2014

| トラックバック (0)

«日本のHD画質を海外で視聴